« 八王子の『マッド・マックス』 | トップページ | 父が夢に出た »

2015年6月25日 (木)

『海街diary』への違和感

是枝裕和監督の『海街diary』を劇場で見た。見終わって、映画全体の醸しだす上品な情感に浸りながらも、どこか違和感があった。秀作であることは間違いないが、是枝監督は違う方向に行っているような気がした。

冒頭、寝ている女性の足が写る。カメラが引いて、そこには男女がいて、情事の翌朝であることがわかる。長澤まさみ演じる女はスマホへの連絡を見て、急に出てゆく。

この何げなさが、この映画を象徴している。物語は、鎌倉で生きる3人の姉妹のもとに、腹違いの妹が現れて暮らし始めるというもの。4人の姉妹を中心に展開し、その周囲も含めていくつもの恋愛が語られるが、セックスそのものは一切見えない。この映画では葬式が2度も写るが、死の瞬間もなければ、葬儀そのものもない。遺影さえも写らない。

序盤に出てくる葬式は4人の父のものだが、彼に至っては最後まで顔さえ出てこない。この映画はこうした不在に満ちている。4人のセックスはないと書いたが、その恋愛の行方さえも曖昧なままで終わる。花火大会さえも、きちんと正面から写さない。

写るのは、海を見たり梅酒を作ったりする4人の姿である。その儀式的な所作は、一瞬小津安二郎の映画を思わせるが、考えてみたら小津の映画は一見おだやかに見えて、実は家族が離散してゆく残酷さを描いていた。この映画はすべてが曖昧なままに、家族や人間のつながりの重要さが語られる。

その抑制した表現による情感の表出は、ほぼ完璧の域に達しているだろう。女優達もみな美しい。彼女たちにクロース・アップをしながら遠景をぼかし、ゆっくりと移動する流麗なカメラも心地よい。

巨匠の映画という感じだが、その抑制の美学というか、計算され尽くされた映像にどこか不満も残った。綾瀬はるかと長澤まさみは美しすぎて姉妹の感じがしない。腹違いの妹すずを演じる広瀬すずが、一番生な感じを残していて、これまでの是枝映画のような即興的な強度が感じられた。

前作に引き続いてのフジテレビ、ギャガ、東宝による盤石の製作体制で、さらにもう1本が予定されているという。是枝監督は早くここから抜け出して、今一度インディペンデントの作品を作って欲しい。

|

« 八王子の『マッド・マックス』 | トップページ | 父が夢に出た »

映画」カテゴリの記事

コメント

『ラブ&ピース』みてください! インディペンデント+特撮で愛を伝えてます。笑

投稿: さかた | 2015年6月28日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/61745030

この記事へのトラックバック一覧です: 『海街diary』への違和感:

« 八王子の『マッド・マックス』 | トップページ | 父が夢に出た »