« 『カイエ・デュ・シネマ』誌のカンヌ批判 | トップページ | 八王子の『マッド・マックス』 »

2015年6月23日 (火)

外国人旅行者歓迎!

最近の話題のひとつに、「銀座は外国人ばっかり」というのがある。「特に中国人の爆買いがすごいよね」「キットカットの抹茶味が大人気らしい」と言った調子には、どこかバカにしていたり、迷惑がっている感じがする。

個人的には、もっと来てくださいと思う。長年欧米に行って、いつも日本にもこんなに観光客がいたら楽に暮らせるだろうにと思っていたので、とうとうその時代が来たかという感じ。日本は暮らしやすくて安全で観光地も多いので、いつかこんな日が来る気がしていた。

先月の報道だと、昨年は「旅行収支」が1959年以来55年ぶりに黒字になったという。つまり外国人が日本で使う金額が、日本人が海外で使う額を上回った。1959年といえば昭和34年で、その頃は1ドル360円の固定だし、そもそも海外渡航の自由化がオリンピックの年の1964年。

当然ながら日本を訪れる外国人の方が多かったし、お金も使った。それから日本人は海外を目指す。「農協さん」と馬鹿にされながらのカメラを下げた団体旅行から個人旅行へ。私が最初に海外に行った1980年代には、HISなどが個人向けの格安チケットを売り始めていた。

昨年日本を訪れた外国人は1300万人強だが、前年の30%増しという。「中国人」と言うが、一番多いのは台湾で昨年初めて韓国を追い越して、282万人。人口が2300万人だから、たぶん年に何度も来た人がいるのではないか。

日本経済は下降線をたどっているし、少子化もある。だから、フランスやスペインやイタリアのように、観光国として栄えればいい。外国人が増えれば、日本人の島国根性も少しは変わるだろうし。観光客が一番多い国はフランスで8000万人で、日本は昨年でも27位でアジアで8番目なのでまだまだ。

だからといって「おもてなし」と称して、外国人にへつらうことはない。大事なのは、美術館や劇場、お寺、公園など国内の施設を充実させることだ。2020年のオリンピックに向けて、いろいろな企画が考えられているけれど、恒常的なインフラを構築しないで一過性のイベントで終わってしまうのはもったいない。

観光客が増えたニュースを読みながら、そんなことを考えた。個人的には観光地の近くの絵葉書屋さんというのが夢だが、いまどき絵葉書は書かないのかな。

|

« 『カイエ・デュ・シネマ』誌のカンヌ批判 | トップページ | 八王子の『マッド・マックス』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/61777815

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人旅行者歓迎!:

« 『カイエ・デュ・シネマ』誌のカンヌ批判 | トップページ | 八王子の『マッド・マックス』 »