« 古典に驚く:その(3)『映画とは何か』 | トップページ | 巨匠監督のトンデモニッポン »

2015年7月 4日 (土)

『きみはいい子』に流れる空気

呉美保監督の『きみはいい子』を劇場で見た。彼女の前作『そこのみにて光輝く』はみんなが絶賛していたが、個人的には微妙な感想を持った。力作だが、演出が文学的過ぎはしないかと思ったのだ。

その点では今回の新作の方がずっと好きだった。ちょっと暗い画面に淋しげな登場人物たちが立っているミドル・ショットがいくつかあるが、そこに流れる静かな空気がいい感じだ。

物語は、小学4年生の担当になって毎日悩む新米教師(高良健吾)と、かつて親に暴力を振るわれた経験があって自分の子供に無意識に手をあげる母親(尾野真千子)と、認知症気味の一人暮らしのおばあさん(喜多道枝)という同じ町で生きる3人の日々を淡々と描く。

個人的にはおばあさんと自閉症の少年の交流が一番心に響いた。少年の母親はスーパーで働き、かつておばあさんが何となく万引きするのを止めたこともある。ある日少年から話を聞いた母親はおばあさんを訪ねる。ふたりは玄関に座り込み、その後姿をカメラは少し引いて捉える。そこに流れる静謐な時間。

高良健吾演じる先生は、その爽やかさとめげなさが、見ていて心地よい。見ながら、本当に小学校の先生でなくて良かったと思った。母親が働いて、そのヒモのような愛人に苛められている少年とラーメンを食べたり、雨の中を一緒に帰ったりする場面にも、どこかいい空気が流れる。

尾野真千子演じるDVの母親は見ていてつらかった。ママ友たちとの会話も含めて、こんな世界が日本のどこにでもあるのだろうなと思う。

先生はある時、「身近な人を抱きしめてくる」という宿題を出す。その翌日に生徒たちが口々に語り出と、画面はドキュメンタリーのように、子供たちの即興的な語りをとらえる。このあたりから画面が少しずつ明るくなり、3人の物語に何となく未来が見えてくる。

「抱きしめる」という行為に全体を収斂させるような文学的臭みはあるものの、風景と共に人間を丸ごととらえる演出力を堪能した。

|

« 古典に驚く:その(3)『映画とは何か』 | トップページ | 巨匠監督のトンデモニッポン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/61834247

この記事へのトラックバック一覧です: 『きみはいい子』に流れる空気:

« 古典に驚く:その(3)『映画とは何か』 | トップページ | 巨匠監督のトンデモニッポン »