« 舞台と映画の違い:『パリ3区の遺産相続人』 | トップページ | 神戸で見る舟越桂展からノスタルジアへ »

2015年8月27日 (木)

初めて集中講義に挑戦中

かつて福岡で大学生だった頃、集中講義というのがあった。毎年、東京や関西からほかの大学の教授に1人来てもらい、1週間講義を受けるというもの。だいたい、いつも習っている先生方がカバーできない分野を専門とする教授がやってきた。

まさかそんな先生の1人に自分がなるとは思わなかった。この月曜から関西の大学で初めて1週間の集中講義をしている。これがなかなかいい。

教えているのは大学院なので、たったの4名ほど。美学系の大学院で映画、映像を専攻している学生たちだ。朝10時から12時まで教えて、一緒に昼食を取る。13時から再開して、14時半ごろ休憩。10分ほど休んで16時頃まで。1日だいたい5時間くらいやる。

いつも教えている学生だと、お互いがわかっているからラクな面もあるが、初めての学生だと何となくいい面だけを見せようとする。学生もたぶんそうだろう。毎日会っているので4人ならすぐに顔と名前が一致するが、たぶんお互いにいい人に見える。

学生にとっては、私のような変わったキャリアの教師は珍しいから、昼食の時も根掘り葉掘り聞いてくる。私もその大学のことも関西のことも知らないから、何でも聞く。何となくいい感じの関係だ。

そして毎晩飲みに行く。これには、専任の先生や助手などが参加することもある。初日の夜は、旧知の近くの大学の先生まで来てくれた。毎晩飲むごとに、少しずつお互いを知り、親しくなる。先日は、授業が終わって飲み会までの間に、学生たちと美術展を見に行った。

全く知らなかった土地で、毎日同じ時間に通勤するのも新鮮だ。駅の名前を憶え、不思議な駅名をおもしろがる。「小林」を「おばやし」と読むとは。東京で聞くといやな関西弁が、ここでは何とも優しく魅力的に聞こえる。短期滞在者には不思議な美化作用が働くようだ。

そんなこんなでこの集中講義も明日まで。さて何を教えているのかは、やはり秘密にしておこう。

|

« 舞台と映画の違い:『パリ3区の遺産相続人』 | トップページ | 神戸で見る舟越桂展からノスタルジアへ »

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/62163683

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて集中講義に挑戦中:

« 舞台と映画の違い:『パリ3区の遺産相続人』 | トップページ | 神戸で見る舟越桂展からノスタルジアへ »