« またまたオゾンを楽しむ | トップページ | 『カミーユ、恋はふたたび』をふたたび »

2015年8月18日 (火)

「われらデザインの時代」が終わった

今朝の「朝日」の社会面トップには、佐野研二郎氏の東京オリンピックのロゴ盗用疑惑をめぐる大きな記事が載っていた。これを見た時、「われらデザインの時代」は終わったのだとつくづく思った。もちろん国立競技場のコンペ問題とあわせてそう思ったのだが。

「われらデザインの時代」とは、西武百貨店のロゴなどをデザインした田中一光氏の本の題名だ。そして彼が2002年に亡くなり、翌年に私が企画した田中一光回顧展の副題にこのフレーズを使った。1960年代以降、デザイナーが日本の社会を牽引したという自負心に満ちた言葉だからだ。

1964年の東京オリンピックは、亀倉雄策のシンプルなシンボルマークと丹下健三の国立代々木競技場の優美な建築が有名だが、会場の標識などのデザインを杉浦康平や田中一光、粟津潔、勝井三雄などの少し下の世代が分担している。

それからデザイナーも建築家も社会の先頭を走って行った。70年代からはこれにファッションデザイナーも加わった。日本は、20世紀後半において、世界一のデザイン大国だったのではないか。

これが東京オリンピックをめぐってこのザマだ。ザハ・ハディッドを選んだ委員長の安藤忠雄は、自分もなぜこんなに高くつくのかわからないと言い放ち、ザハ本人も、コスト高は日本の責任と言う。何という無責任さだろうか。

佐野のロゴに関して言えば、最初に見た時私が思ったのは、「あれっ、田中一光みたい」というものだった。田中がアメリカ巡回の日本舞踊のためにデザインしたポスターのように、シンプルで和風だがモダンな感じと言ったらいいのか。ベルギーの劇場の盗用問題が出てきた時も、こんなことはよくあるなと思った。

芸術における著作権は難しい。基本は著作権法は「表現」は保護するが、「アイデア」は保護しない。デザインは文学や映画に比べても、パクリは多いし認められている。例えば田中一光は江戸琳派の絵画の構成を大胆にデザインに取り込んだ。これは独自の表現だとみなされた。

今回の佐野氏がヤバいのは、サントリーの景品を始めとしてカルバン・クラインの時計を真似たデザインなど、他人の「表現」そのものをそのまま使っているからだ。それが続々と出てきてネットで大騒ぎになるということは、事務所ぐるみでパクリを推奨していたとしか思えない。

要はデザイナーのモラルの低さが問題なのだ。無責任な安藤忠雄やザハ・ハディッドも含めて。佐野氏は「サノケン」と呼ばれて、若い世代のデザイナーのトップランナーで、ロゴの選定委員長の永井一正氏の評価も高かったらしい。そういえば、永井氏も安藤氏のようにずっと沈黙を続けている。

安藤氏も佐野氏も、これで終わったのではないか。やはり「われらデザインの時代」は終わった。そういえば、前にここで書いたように三宅一生さんも「ファッションの時代は終わった」と言っていた。

|

« またまたオゾンを楽しむ | トップページ | 『カミーユ、恋はふたたび』をふたたび »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感ですね。「われら」という感覚は高度成長期もそうですが、根っこは戦時中の日本工房にあるんでしょう。亀倉雄策、河野鷹思、山名文夫、原弘、さらにいえば木村伊兵衛、土門拳。戦時体制が高度成長を結果的に準備したというのは、経済についても、デザインについてもいえるんだと思います。

投稿: 古賀重 | 2015年8月18日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/62106244

この記事へのトラックバック一覧です: 「われらデザインの時代」が終わった:

« またまたオゾンを楽しむ | トップページ | 『カミーユ、恋はふたたび』をふたたび »