« 2本のドキュメンタリーが描く現代 | トップページ | クリスマスに見るアピチャッポン »

2015年12月25日 (金)

『友だちのパパが好き』の現代性

山内ケンジ監督の『友だちのパパが好き』を劇場で見た。「ニッポン・マイノリティ映画祭」を開催しているユーロスペースの隣りのスクリーンで上映していたからだが、東京国際映画祭の時にそれなりに話題になっていた。

見てみると、なかなかおもしろかった。題名からして明るいコメディかと思っていたが、むしろ恋愛の重なりあいが生み出すゴタゴタをクールに描く、一種の不条理劇に近い。

映画は「え、なに。それまじで言ってんの」「ほんとだから、まじかっこいじゃん」という妙子とマヤの会話から始まる。マヤが友人の妙子の父・恭介((吹越満)が好きだと告げる、題名通りのシーン。この年の差恋愛の話かと思ったら、その何倍も込み入っている。

妙子の父母は娘に内緒で離婚協議中だが、理由は父親の浮気。母も職場である男に迫られて、身を許す。妙子には煮え切らない彼氏がいる。マヤの前の彼氏は高校の先生でいまだにつきまとう。

つまり、高校を卒業したばかりの娘2人も、その1人の両親も全員が人には言えない肉体関係を持っていて、そこにさらにもう一つ新しい関係が生まれることで、さらに混乱が増す話。ポイントは恋愛というよりは、まさに肉体に力点が置かれていることだろう。

カメラはその諍いを固定カメラで何分も捉えたり、かと思うと手持ちのカメラで激しい動きを追い回す。いずれにしても長回しで、音楽なし。まじめな場面のはずなのに、見ていると滑稽で苦笑いしたくなる。そして終盤、映画はとんでもない騒ぎに発展する。

山内ケンジ監督は著名なCMディレクターで、劇団も主宰しているという。確かにいかにも演劇的な会話中心のシーンが多いし、映像の処理も極めて繊細で巧みだ。吹越を始めとして、役者たちの演技も的確だし、即興的な感じもいい。なぜ好きか、どこが好きかといった精神性を排除して、ただひたすら肉体を求める人々が何とも現代日本的に見える。

しかし、個人的には好きなタイプの映画ではなかった。なぜならそこには人間のリアリティがどこか欠けていたからだろう。精巧に作られた模型を見ているような感覚が残ってしまった。ただ。今の若い人が見たら、これこそ現代の映画と思うかもしれない。日頃学生の作品を見ていると、彼らが目指す映画の一つがここにあるように思えた。

|

« 2本のドキュメンタリーが描く現代 | トップページ | クリスマスに見るアピチャッポン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/62930325

この記事へのトラックバック一覧です: 『友だちのパパが好き』の現代性:

« 2本のドキュメンタリーが描く現代 | トップページ | クリスマスに見るアピチャッポン »