« パソコンとお金と中国人 | トップページ | 「ボッティチェルリ展」のありがたみ »

2016年1月19日 (火)

散々な一日

北海道や北陸の方には笑われそうだが、昨日の雪には参った。朝起きた時はもう小雨に変わっていたが、積もった雪の量が多めなのが気にはなった。朝、フェイスブックを見ていると、交通機関が通常でないとわかったので、早めに出た。所沢校舎の授業だったから。

地下鉄はとにかく乗れた。問題は西武線で、電光掲示板には時間が書いていない。2番ホームと5番ホームに急行が来ることになっているが、どちらが先に着くかわからない。ホームにいた駅員さんに聞いても、「瞬間ごとに判断しますから、アナウンスを聞いてください」

2番ホームにいたら、5番ホームに急行らしき電車が着いたので、慌てて移った。1人が走ると数人が追った。電車に乗って待っていると、5番ホームにも電車が着いた。遠くから見ると「急行」と書いてある。さてどちらが先に出るか。みんな時々ホームに出てうろうろ。

「次の急行は2番ホームから出ます!」とのアナウンスで、5番ホームの人々が一斉に階段に走る。ところが混んでいて進めない。発車ベルが鳴り、走って階段を登ってきた若者数名を乗せて、列車は出てしまった。私は座席に座ったまま、ドアの向こうで悔しがる中年や老人たちを見た。これはないだろう、西武鉄道。

所沢駅について乗り換えてもう1つ先の駅に着いたまでは良かったが、そこはスクールバスの長蛇の列。500メートルはあったか。ここは大人はタクシーと思ったが、こちらも20人は待っている。そのうえタクシー自体が時々しか来ていない。

うろうろしているうちに列はさらに長くなった。仕方がないと諦めてバスの列に並んだ。助手に遅れるかもとメールを打つ。ところが目の前で数名が小走りに走る。その先には大学に行く普通の路線バスがあった。見ると乗れそうなので、私も走ってようやく乗れた。

バスが着いてからも大変だった。校舎まで約5分強だが、みぞれ交じりの雪道はすべって歩くのがつらい。片手でコートのボタンを留めようとした瞬間に転んでしまった。ほとんど頭から水を被ったような状態で教員室に着いた時は、助かったと思った。思わず「いやあ、八甲田山でした」と言ったが、1977年に大ヒットした同名の映画を知らない助手はポカンとしていた。

授業が終わると帰りはスムーズだった。夕方には晴れ間も見えてきた。自宅に帰ってレポート課題の山を読み始めたら、電話が鳴る。「ソニー銀行ですが、紛失したカードが見つかりました!」「はあ」「四谷警察署に取りに行ってください」

パリに行くために最近作ったソニー銀行の国際カードのことらしい。確かめてみると、なぜか見当たらない。どこでなくしたのか見当もつかないが、地下鉄を2つ乗り換えて新宿御苑駅から徒歩8分の四谷警察署仮庁舎へ。幸いにして待たずにカードをゲット。

ところがカードは再発行になるらしく、電話をして面倒な手続き。散々な一日となった。その後は濡れた革靴の手入れなどもあったが、省略。

|

« パソコンとお金と中国人 | トップページ | 「ボッティチェルリ展」のありがたみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/63088226

この記事へのトラックバック一覧です: 散々な一日:

« パソコンとお金と中国人 | トップページ | 「ボッティチェルリ展」のありがたみ »