« モランディと春草の反復について | トップページ | もうすぐパリに行きます:その(1)キンドルを買う »

2016年3月15日 (火)

タランティーノはもうたくさん

クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』を劇場で見た。この監督は『レザボア・ドッグス』(92)の時は、みんなほめ過ぎだと思ったが、『パルプ・フィクション』(94)と『ジャッキー・ブラウン』(97)は大好きだった。映画の持つ本来的ないかがわしさを表現するのがうまいと思った。

ところが『キル・ビル』(03/04)はやり過ぎ。ジャンル映画を好き放題に組み合わせて、第一部はまだおかしかったが、第2部は退屈してしまった。もうたくさんと思った。

今回もそんな感じ。マカロニ・ウェスタンの残酷アクションを再現して、8人の殺し合いをみっちり2時間48分も見せる。途中から種明かしまであって、時間はもとに戻り、実はこうでしたと見せる。敵と思ったら見方で、味方と思ったら敵でというどんでん返しを繰り返しながら、最後まで突き進む。

そのうえ、今回は室内劇。前半、カート・ラッセルとジェニファー・ジェイソン・リーの乗る馬車にサミュエル・L・ジャクソンとウォルトン・ゴギンズに乗ってきて、4人と御者が走り出す感じは、いかにも西部劇らしい出だしだと思った。ここまでが30分超で、途中でミニーの紳士服飾店に寄ってそこで5人の怪しげな男たちと出会ってから終わりまで、2時間以上がほとんど家の中。

みんなよくしゃべり、そして平気で銃をぶっ放す。ありえないほど血が噴き出し、どんどん死んでゆく。カメラは縦横無尽に部屋の中を移動し、クロースアップでそれぞれの顔を写す。まさに「コテコテ」とはこのこと。

美術監督が種田陽平で、部屋の中にはいろいろな小道具が満載。ピアノやキッチンやベッドや暖炉などが大きな役割を果たす。

見ていて退屈したわけではないけれど、やはりうんざりした。考えてみたら、このいやおうなしの満腹感はマカロニ・ウエスタンやその後の『ワイルドバンチ』(69)などの血みどろ西部劇でも感じることなので、まさにそれがタランティーノがやりたかったことなのだろう。

個人的には『ジャンゴ』(12)の方がまだ良かった。しばらくタランティーノは見たくない。

|

« モランディと春草の反復について | トップページ | もうすぐパリに行きます:その(1)キンドルを買う »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/63343308

この記事へのトラックバック一覧です: タランティーノはもうたくさん:

« モランディと春草の反復について | トップページ | もうすぐパリに行きます:その(1)キンドルを買う »