« 日本映画事典が届いた | トップページ | 其一から仙厓へ »

2016年10月21日 (金)

パリは移動祝祭日:その(5)

朝方に、妙な夢を見た。私はパリのアパートにいて、マグリットの絵がパリ郊外のロバンソンに700点あるから見に来てくれと連絡があった。見に行ったら、そこはなぜか日本になったり、アメリカになったりした。

ロバンソンは、パリからRER高速郊外線で南に行ったところ。大学で最初にフランス語を教えてくれた、フランス人のB先生の実家があった。行ったこともあったが、「パリ郊外」とはこういうものかと思うほど、何もなかった。ロバンソンの名はそこから来たのだろう。

ところがそこには美術館はなくて、倉庫に作品が保管されているだけだった。これから美術館を作るが、建築費が足りないので、日本からの援助が欲しいと言われた。昔、何回となく聞かされた話である。

なぜマグリットか。かつてここに書いたように、20年ほど前に一番苦労した展覧会だったからだろう。今でもマグリットの絵を見ると、「これは小品」とか「似た絵柄でもっといい作品がある」とか思ってしまう。夢の中でロバンソンで見た作品は、小さいものばかりだった。リストをめくりながら、「これではいい展覧会は無理」と言った気がする。

マグリット展は、今回パリを去る直前にポンピドゥ・センターで始まっていたから、それが気になっていたのかもしれない。見ようと思えば見られたはずだが、「もうたくさん見たから、まあいいや」と諦めたのだった。

マグリットは日本にもアメリカにもたくさんある。確かヒューストンのメニル・コレクションにいい作品があったと思う。そんなこともあって、日本やアメリカの美術館が出てきたのだろう。

日本はなぜか一度しか行ったことのない、栃木県立美術館や群馬県立美術館が出て来た気がする。何度も行った美術館は覚えてしまって、かえって印象が薄いのか、この2つは行った時の様子を鮮明に覚えている。いずれも仕事の用事だった。

アメリカの美術館はどこかわからない。何となく西海岸だった気がする。それからまたロバンソンに戻ってきた。「もうすぐ日本に帰るから」とそればかりを気にしていた。

最近よく夢を見る。だいたいどこかでパリにつながっている。半年の滞在はそれほど大きかったのだろう。

|

« 日本映画事典が届いた | トップページ | 其一から仙厓へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/64377726

この記事へのトラックバック一覧です: パリは移動祝祭日:その(5):

« 日本映画事典が届いた | トップページ | 其一から仙厓へ »