« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

『アウトレイジ 最終章』に考える

ベネチアに着いたがまだ書くことがまとまらないので、この映画祭のクロージング上映となる『アウトレイジ・最終章』を試写で見たので書く。日本での公開は10月7日。見終わると「何言うてんや、どあほ」「あんたら、それでええんか」と思わず話せないはずの大阪弁が出てきそうな気がする。

続きを読む "『アウトレイジ 最終章』に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

鈴木邦男『天皇陛下の味方です』に考える

例によって天皇関係の本を読んでいるが、自分が心情的に近いなと思ったのは、実は鈴木邦男氏だった。もちろん彼はかつては一水会の代表で、新右翼の論客だった。この本は「亡き三島由紀夫と野村秋介に捧ぐ」と書かれているし。

続きを読む "鈴木邦男『天皇陛下の味方です』に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

『エル』の爽快さ

ポール・ヴァーホーヴェン監督、イザベル・ユペール主演の『エル』を劇場で見た。実は3度目で、昨年5月のカンヌで見て、8月頃パリの映画館で見ていた。あの極めてフランス的な映画を日本の観客の中で見たらどうだろうか、と思った。

続きを読む "『エル』の爽快さ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

自分はノスタルジア症候群か

40歳後半あたりから、だいたい仕事も暇になって同窓会が流行りだす。そうでなくても、何十年ぶりの友人と会うことが多くなった。そんな時私は嬉しくて興奮するのだが、おおむね相手はそれほどではないことが多い気がする。

続きを読む "自分はノスタルジア症候群か"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

『夜明けを告げるルーの歌』にうなる

去年のアニシー国際アニメーション映画祭で、グランプリを取ったのが湯浅政明監督の『夜明けを告げるルーの歌』。次席の優秀賞を取った『この世界の片隅に』を抑えての受賞だった。この監督は、その前(といっても今年)の『夜は短し歩けよ乙女』が抜群に良かった。

続きを読む "『夜明けを告げるルーの歌』にうなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

玉音放送の本当の中身

最近、映画と天皇について調べているが、映画で天皇の存在が一番出るのは「玉音放送」ではないだろうか。特に「耐え難きを耐え忍び難きを忍び」という一節はテレビでもよく出てくる。ところが考えてみたら全文を読んだことはなかった。

続きを読む "玉音放送の本当の中身"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

ヌーヴェル・ヴァーグの功罪:その(7)

前にもここで書いたが、ヌーヴェル・ヴァーグと伴走した映画評論家ジャン・ドゥーシェのインタビューが『週刊読書人』でえんえんと連載されている。去年パリで出会った20代半ばの久保宏樹さんによるもので、最新の8月25日号で21回にもなる。

続きを読む "ヌーヴェル・ヴァーグの功罪:その(7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

『天皇陛下の全仕事』に頭がクラクラ

『天皇陛下の全仕事』という新書を読んだ。もちろん学生の映画祭「映画と天皇」の準備のため。山本雅人という産経新聞の元皇室記者が書いたものだが、「天皇の仕事がいかに多いか」を知って頭がクラクラした。

続きを読む "『天皇陛下の全仕事』に頭がクラクラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

好きな人は好きだろう『ベイビー・ドライバー』

もともと音楽を聴かない私は、音楽を中心に据えた映画が苦手だ。クラシックやジャズか日本の歌謡曲ならまだ少しは知っているが、この映画のようにアメリカのポップス音楽が最初から最後まで流れっぱなしだと、ちょっと引いてしまう。

続きを読む "好きな人は好きだろう『ベイビー・ドライバー』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

大宅壮一に笑う

大宅壮一は「駅弁大学」や「一億総白痴化」などの造語で知られるし、大宅文庫は雑誌の図書館として有名だ。しかし彼の書いた文章はほとんど読んだことがなかった。今回、必要があって少し読んでみた。

続きを読む "大宅壮一に笑う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

ファティ・アキンの軽やかな新作

トルコ系ドイツ人のファティ・アキンは、ドイツにおける移民問題を追及した『愛より強く』(2004)や『そして、私たちは愛に帰る』(07)のようにずっしりと重い映画も作れば、『ソウル・キッチン』(09)のように見たら踊りたくなる楽しい作品も作る。

続きを読む "ファティ・アキンの軽やかな新作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

「遠藤利克展」を見に北浦和へ

ミシュランガイドに「遠回りしてでも訪れる価値がある」という表現があるが、自宅から1時間近くかかる埼玉県立近代美術館に「遠藤利克展」を見に行った。この作家はたぶん1990年のベネチア・ビエンナーレで見たのが、私は最初だと思う。

続きを読む "「遠藤利克展」を見に北浦和へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

『愚行録』再見

去年のベネチアで見たので、今年初めの公開時に見ていなかった『愚行録』を急に思い立って名画座に見に行った。今年の後半は人間の悪を描いた作品が多いと思っていたら、ふと劇場前を通りもう一度見たくなった。

続きを読む "『愚行録』再見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

写真美術館を巡る

最近、恵比寿の東京都写真美術館で始まった展覧会を3つまとめて見た。10月15日まで開催の「エクスパンデット・シネマ再考」展、9月24日まで開催の「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017」展、9月18日まで開催の「コミュニケーションと孤独」展。

続きを読む "写真美術館を巡る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

何でもアリの『銀魂』

『銀魂』を劇場で見た。もちろん『少年ジャンプ』のコミックは読んでいないし、アニメ版はテレビも劇場版も見ていない。なぜ見に行ったかと言えば、封切り一か月たらずで興収30億円を越したというニュースを読んだから。これは邦画実写では、今のところ今年一番らしい。

続きを読む "何でもアリの『銀魂』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

「刀葉林」に慄く

出光美術館で9月3日まで開催の「祈りのかたち」展を見た。副題が「仏教美術入門」と書かれていたので、私にはちょうどいいかと思った。行ってみるとすべてが出光美術館の所蔵品で、中国から6世紀に伝わった仏教の流れがわかる構成になっていた。

続きを読む "「刀葉林」に慄く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

『ザ・マミー』を見る

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を劇場で見た。予告編を見た時は見ないつもりだったが、「読売」で田中記者が、「日経」で渡辺祥子さんが大きく紹介していた。そこで気になったのが、ユニバーサルが「ダーク・モンスター」というレーベルでモンスター映画を復活させるという記述だ。

続きを読む "『ザ・マミー』を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月14日 (月)

『大正天皇』に考える

原武史著『大正天皇』を読んだ。この本の冒頭にも書かれているが、一般には「大正天皇」の影は薄い。明治天皇と昭和天皇に挟まれた短い時代に生きた病気がちな天皇というイメージだ。そのうえ、幼時から精神状態に問題があったという説もある。

続きを読む "『大正天皇』に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

『私が棄てた女』の現代性

フィルムセンターの特集「逝ける映画人を偲んで」で、浦山桐郎監督『私が棄てた女』(1969)を見た。遠藤周作の原作は30年以上前に読んだ記憶があるが、この映画版は見ていなかった。見てみると、この時代のインテリ監督らしい図式性は気になったが、相当おもしろかった。

続きを読む "『私が棄てた女』の現代性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

『『新しき土』の真実』に驚く:その(2)

当たり前だがこのブログは1人でやっていて編集者もいないので、シリーズの連載を始めたのに数日後には忘れていることがある。夏休みで時間ができたので少し振り返って、1回だけで終わった続きのフォローをしたい。まずは瀬川裕司著『『新しき土』の真実』の続きから。

続きを読む "『『新しき土』の真実』に驚く:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のおかしさ

傑作というつもりはないが、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を劇場で見てかなりおかしかった。そもそも原題でもある「ファウンダー」=創立者だが、これは創立者の映画ではない。私はマクドナルドはまず食べないし(最後に食べたのは20年ほど前のフランスの田舎か)、その歴史も知らないので、まずそこに驚いた。

続きを読む "『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のおかしさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

同じものを2度も買う

最近、同じものを2度買うことがある。かつては似たような柄のシャツやネクタイなどを間違えて買うことがあったが、この頃は同じ本やDVDを買ってしまう。自分でもびっくりしたのが、アラン・レネの『去年マリエンバードで』のブルーレイを2つ買ったこと。

続きを読む "同じものを2度も買う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

是枝映画の新境地

9月9日公開の是枝裕和監督の『三度目の殺人』を見た。私は今年もベネチア国際映画祭に行くが、そのコンペ作品なので行く前に一度見ておきたいと思った。現場では観客の反応とか別のことを考えないといけないので。

続きを読む "是枝映画の新境地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

クリスチャン・メッツの話

フランスのクリスチャン・メッツは、映画記号学の巨人として知られる。多くの優秀な弟子を育てたことでも有名だが、日本でたぶん唯一その1人である武田潔さんが、メッツが行ったゼミについて語る会があったので、行ってみた。

続きを読む "クリスチャン・メッツの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

また池袋西武でもめた

久しぶりに池袋西武でもめた。ここでは数年前に「コーチ」とバッグの修理を巡ってもめたが、今回は「ポール・スミス」で大声をあげてしまった。コーチでは買ってすぐに留金がはずれた修理に3か月かかったので怒ったが、今回も買ったばかりの長袖シャツのボタンが壊れたことだった。

続きを読む "また池袋西武でもめた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

ヌーヴェル・ヴァーグの功罪:その(6)

つい先日、地方の大学の大学院で集中講義をする機会があった。受講生9人のうち映画の専攻はわずか2人で、それも邦画。そして大事なことだが、全員女子であった。そこで、外国映画の基礎的な知識をと考えて、「ヌーヴェル・ヴァーグ」をテーマにすることにした。

続きを読む "ヌーヴェル・ヴァーグの功罪:その(6)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

『愛を綴る女』の古風な味わい

10月2日公開のニコール・ガルシア監督のフランス映画『愛を綴る女』の試写を見た。実は去年のカンヌのコンペで見ているが、なぜかほとんど記憶にない。コンペのフランス映画は強姦がテーマの『エル』を始めとして強烈な作品が多かったからかも。

続きを読む "『愛を綴る女』の古風な味わい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

天皇をめぐる読書:その(2)

『明仁天皇と戦後日本』の後半について書く。「即位後、明仁天皇は皇太子時代にひきつづき、積極的な皇室外交を展開していった」。89年4月に来日した中国の李鵬首相には「近代において不幸な歴史があったことに対して遺憾の意を表します」と述べたという。

続きを読む "天皇をめぐる読書:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

『ドリーム』のハッピーエンド

9月29日公開の『ドリーム』は、久しぶりにハリウッド映画らしいハッピーエンドを楽しんだ。ハッピーエンドのためには、それに至る過程を少しずつ細かに見せていかないといけない。そしてすべての要素が過不足なく揃って、ハリウッド映画という機械が完璧に機能する。

続きを読む "『ドリーム』のハッピーエンド"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月 2日 (水)

天皇をめぐる読書:その(1)

天皇や皇室関係の本を立て続けに読んでいる。きっかけは、私の学生が毎年12月に企画する映画祭のテーマが「映画と天皇」に決まったから。映画はすこしはくわしいが、天皇制そのものについては私も学生同様に何も知らない。

続きを読む "天皇をめぐる読書:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

『海辺の生と死』に失望

実は一月ほど前に試写で見ていたが、悪口になりそうなので、公開まで書くのを待っていた。監督の越川道夫氏は配給や製作で有名なので会ったことはあるが、初監督作の『アレノ』は見ていなかった。今回は梯久美子氏の脚本監修ということもあって、興味が沸いた。

続きを読む "『海辺の生と死』に失望"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »