« 大宅壮一に笑う | トップページ | 『天皇陛下の全仕事』に頭がクラクラ »

2017年8月23日 (水)

好きな人は好きだろう『ベイビー・ドライバー』

もともと音楽を聴かない私は、音楽を中心に据えた映画が苦手だ。クラシックやジャズか日本の歌謡曲ならまだ少しは知っているが、この映画のようにアメリカのポップス音楽が最初から最後まで流れっぱなしだと、ちょっと引いてしまう。

監督のエドガー・ライトの名前は知らなかったが、「朝日」と「読売」で絶賛していたので、映画館に行ってみた。日曜の午後だが、本当に満員だった。

主人公はギャング団の天才的なドライバーのベイビー(アンセル・エルゴート)。まだ少年のような顔をしているが、実にクールでいつもiPodで音楽を聴いている。ポイントはその音楽が映画の画面に鳴り響いていること。イヤホンが片方外れると音が半分になるくらい、画面がベイビーの聴覚と同調している。

強盗の仕切り屋役のケヴィン・スペイシーは、盗みを計画するごとに違うギャングを集めてくるが、運転だけはいつもベイビー。前半は彼のシュールなくらいの驚異的な運転技術を見せつける。

途中から彼がレストランのウエイトレスのデボラ(リリー・ジェームス)を気に入り、初々しい恋が始まるあたりから調子が変わってくる。最後はこの若いカップルと、警察と仕切り屋とギャングたちを交えた壮大なカーチェイスと銃撃戦になる。

ベイビーには不仲で交通事故で死んだ両親のトラウマがあり、画面にも出てくる。次々に出てくる音楽やなぜか録音する気になる会話も含めて、すべては彼の頭の中で起こっているような気もしてくる。監督のオリジナル脚本というが、やりたいことを好きなように作りながら、きちんと娯楽作品に仕立てている。

映画に必要なのは女と銃と言ったのはグリフィスだが、それに車と音楽を加えるとこの映画ができあがる。まず、音楽好き、車好きなら大好きだろうし、設定の巧みさは大方の映画好きにもウケるだろう。

ただし、私のような頭でっかちな中年は今一つ最後まで乗れなかった。そんなこともある。

|

« 大宅壮一に笑う | トップページ | 『天皇陛下の全仕事』に頭がクラクラ »

映画」カテゴリの記事

コメント

仲間がやっと現れてホッとしています。私も、ここに使われている音を全く知らず、試写の間じゅう冷や汗をかき通しだった野暮天です。

投稿: 石飛徳樹 | 2017年8月23日 (水) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/65690859

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな人は好きだろう『ベイビー・ドライバー』:

« 大宅壮一に笑う | トップページ | 『天皇陛下の全仕事』に頭がクラクラ »