« 近所の展覧会2つ | トップページ | 天皇をめぐる読書:その(1) »

2017年8月 1日 (火)

『海辺の生と死』に失望

実は一月ほど前に試写で見ていたが、悪口になりそうなので、公開まで書くのを待っていた。監督の越川道夫氏は配給や製作で有名なので会ったことはあるが、初監督作の『アレノ』は見ていなかった。今回は梯久美子氏の脚本監修ということもあって、興味が沸いた。

梯さんの『狂うひと―「死の棘の妻・島尾ミホ』は、今年読んだ本で最も衝撃を受けたことは、ここに書いた。『出発は遂に訪れず』や『死の棘』にまつわる神話を、妻のミホからの視点で一気に覆した。

映画はミホの『海辺の生と死』をベースにしながら、梯氏の本をベースにしているようだ。だからあくまで視点はミホ=トエ(満島ひかり)の側にある。

映画は彼女が離島で小学校の先生をしながら、特攻隊長の朔と仲良くなってゆく姿を描く。しかし彼女が生徒と歩いている冒頭から違和感があった。「何だかNHKのドラマみたい」と思った。さらに大人の島民たちが出てくると、安易なドキュメンタリー映像のように見えた。

一番の違和感は朔を演じる永山絢斗。あまりの「都会のプリンス」ぶりに全く違うと思った。年下なのに隊長をやらされ、文学好きで軍隊に馴染めないというキャラクターがあまり出ていない。九大で東洋史を専攻した男にはおよそ見えない。

そのうえ、2人の非常時の恋愛が迫ってこなかった。朔からとえに手紙が来て、とえが塩焼き小屋に苦労して行ったのはいいが、その後の2人はひたすら長い固定ショットの語りが続くだけでキスもしない。次にはさすがにキスをするが、その後に真っ赤な花を象徴的に見せるといういかにもなショット。

私はその小屋へ2人が何度も行っては逢瀬を重ねるのかと思っていたが、そうでもない。とにかく2人の行動からは私には激しい恋が伝わってこなかった。

一番の問題は朔が出発する夜。とえは体を清めて白と黒の服を着る。ようやく朔に会うが、2人は抱き合わない。そのうえ、とえは朔が出発したかどうかわからないまま、あいまいに村に帰る。村では父親が防空壕の中で、爆弾に火をつけようとしている。そんな時に玉音放送が聞こえる。朔は1人でフラフラ歩きながらそれを聞くだけ。決定的な瞬間はなかったように思う。

満島ひかりの演技はよかったと思う。方言と標準語の混じった感じがうまかった。しかしそのほかの俳優はどこか違った。さらに島の人々との間に差があり過ぎたように思う。

私とほぼ同じ意見の人もいたが、日経で宇田川幸洋さんが絶賛していたし、ほかにも褒めている人にも会った。好き嫌いが別れる映画だろう。

|

« 近所の展覧会2つ | トップページ | 天皇をめぐる読書:その(1) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/65479431

この記事へのトラックバック一覧です: 『海辺の生と死』に失望:

« 近所の展覧会2つ | トップページ | 天皇をめぐる読書:その(1) »