« 「運慶」と目が合う | トップページ | なぜか『情事の終わり』を読む »

2017年10月17日 (火)

『エルネスト』を見る

阪本順治監督の『エルネスト』を劇場で見た。あの阪本順治がチェ・ゲバラの側近の日系人の話を撮ると聞いて心待ちにしていたが、既に見た友人たちの評判は今一つ。自分の目で確かめたいと思った。

たぶん『KT』のような外国を巻き込んだ政治ものだろうと思っていたが、だいぶ違う。ずいぶん淡々とした映画で、全体を引っ張るダイナミズムは弱い。

映画は、ボリビア生まれの日系人フレディがキューバに留学し医学を学ぶが、祖国ボリビアにクーデターが起きたことを知って、革命軍に加わるまでを描く。驚いたのは全編スペイン語で、フレディ役のオダギリ・ジョーが終始巧みに話すこと。

フレディという呼び名なので、日系人だということも、最初はわからない。途中でフルネームで「フレディ前村ウルタード」と話す場面でようやくわかる。その後も、会話で父が鹿児島生まれと言うくらいで、日系人社会への言及は全くない。

実は冒頭にチェ・ゲバラが1959年に来日した時、広島を訪問するシーンが出てくるが、その後チェがフレディと会う時にもそこのことへの言及がないのは残念だった。そもそもフレディがなぜ医学を勉強しているかもわからないし、なぜ革命軍に加わるかもピンと来ない。ルイーサという女性への思いも、あまりにも淡すぎる。

だから全体がバラバラになった感じで時系列の順に伝記のように進んでゆく。おそらく坂本監督は、あえて映画らしい細工をしなかったのだと思う。それが冒頭を除いて全編スペイン語で外国が舞台だと、どうも大河ドラマのように見えてしまう。

もちろん最初の広島に始まって、素晴らしいシーンは多い。フレディたちの革命軍が川で遠くから銃で撃たれる場面などは震えが来るほど。最後まで見るとそれなりにグッとくるものはあるが、途中をもっとドラマチックに作って欲しかった。

この監督は溢れる才能がありながら、今一つヒットに恵まれず、海外の映画祭で評判になることもないのを残念に思っていた。今回の作品がそうなるかと思ったが、ベネチアにもどこにも出ていないので、難しかったのだろう。次こそはと期待したい。

|

« 「運慶」と目が合う | トップページ | なぜか『情事の終わり』を読む »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/65923453

この記事へのトラックバック一覧です: 『エルネスト』を見る:

« 「運慶」と目が合う | トップページ | なぜか『情事の終わり』を読む »