« 「エンジョイ」の一言 | トップページ | 目ざまし時計を使わない »

2017年11月 9日 (木)

うますぎる『おじいちゃん、死んじゃったって。』

森ガキ侑大監督の『おじいちゃん、死んだんだって』を見た。実は8月に試写で見てメモを残していたが、厳しい意見になりそうなので、公開後にアップすることにした。この監督はCM界では名の通った人のようだ。

もちろん、市川準や中島哲也のようにCM出身でも映画で相当の力量を発揮する監督はいる。しかし大半の監督が「やっぱりCM出身」と思わせる映画を作っている。

この作品にはそれを強く感じた。この映画は、若い女性・吉子〈岸井ゆきの)が田舎の2階の家で男とセックスをしている場面から始まる。男は懸命だが女はやる気がなさそうで、かかってきた電話に出る。「おじいちゃん、死んじゃったって」と彼氏に言った後、窓を開けて外にいる父親に大声で伝える。

この設定からしていかにもだ。一瞬で人生の悲喜劇を見せる小技という気がしてしまう。出だしでこう思って乗れなかったせいか、その後の展開がすべて作り物に見えてしまった。

お葬式のために集まる人々。祖母は完全にボケている。東京の大学に通う弟は不満だらけ、父親(光石研)は自分の兄(岩松了)と仲が悪くあらゆる場面で喧嘩ばかり。兄は妻(美保純)に逃げられて息子は引きこもりで、その娘は父が大嫌い。そこに帰ってくる父の妹(水野美紀)は東京で暮らし、独身でお金持ち。

お葬式と宴会、そしてその翌日までの彼らが些細なことで言い争い、笑い、どうにか終えていくさまをコミカルに描く。ときおり、美しい自然を挟み込みながら。盛り上げる音楽やスローモーションも含めて、うまいけれど、どこか引いてしまうのはなぜだろうか。花火のシーンやその後のフェリーニばりのダンスも作りすぎ。

もちろん、このうまさを面白いと思う人は多いと思う。だけど長年映画を見て来た私にとっては、CMの連続にしか見えなかった。似た設定で伊丹十三の『お葬式』があったが、あちらは何倍も映画らしかったと思う。

今は助監督出身よりも、TVやCMや演劇や写真や俳優から監督になる方が早道なのかもしれない。それはいいことだとは思うけれど。

|

« 「エンジョイ」の一言 | トップページ | 目ざまし時計を使わない »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/65703304

この記事へのトラックバック一覧です: うますぎる『おじいちゃん、死んじゃったって。』:

« 「エンジョイ」の一言 | トップページ | 目ざまし時計を使わない »