« 『ザ・スクエア』の居心地の悪さ | トップページ | 『修道士は沈黙する』の職人芸 »

2018年3月29日 (木)

「コンビニ人間」か

2年ほど前に『コンビニ人間』という小説が芥川賞を取ったことがあった。それはコンビニで何年も働く女性を主人公としたもので、作家自身がコンビニで働いていた(受賞後も)ことが話題になった。私の場合は、そうではなくて単にコンビニに通う依存症だ。

私の住むアパートを出ると左右100メートル以内にファミマとセブンイレブンがある。特により近いセブンイレブンができてからは、ほぼ1日1回は行っている気がする。

前はコンビニで買うのは雑誌くらいだった。ところがセブンイレブンに何回か通ったら、牛乳もヨーグルトもスーパーと同じか安い(セブンイレブンのブランドの場合)ことに気がついた。そのうえ、客が多いのでいつも新鮮。気がついたら、ビールや豆腐などまで買うようになった。

最近、温めるだけの麻婆豆腐とかカレーを買ってみたら、これが意外といける。タイ料理のガッパオなども買ってみた。近くに弁当屋があるが、弁当屋に並ぶのはどうも気が重い時はコンビニに行く。

さらにコピーやファックスも使う。チケットを買うこともあった。切手もある。前に書いたが、証明用写真をスマホで撮ってコンビニで印画紙に焼くこともできる。住民税も払える。

もちろん、セロテープとか糊とか文具もある。あの狭い店内にどうしてあれだけの種類を並べられるのか不思議だが、長年の経験の蓄積なのだろう。

私の近くのセブンイレブンでは、一時期は中国系の店員だったが、最近はインド系になった。特に夜中は店に店員が2人でどちらもインド系のことが多い。インド系と言っても、聞いてみるとネパール、スリランカ、パキスタンの人が多い。

コンビニ業界はまだ技能実習生は認められていないから、彼らは留学生扱いのはず。留学生は週28時間までバイトができる。日本語学校に通っているのだろうか。私の大学の学生もいたりして。それにしてもみんな日本語が完璧。

外国人の店員のみのコンビニに毎日通う私は何なのだろうかと思う。まるでかつて考えた近未来のようだ。

|

« 『ザ・スクエア』の居心地の悪さ | トップページ | 『修道士は沈黙する』の職人芸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/66535259

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンビニ人間」か:

« 『ザ・スクエア』の居心地の悪さ | トップページ | 『修道士は沈黙する』の職人芸 »