« 『リズと青い鳥』が私にわかるか | トップページ | 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 »

2018年5月14日 (月)

レジ袋に考える

私が一番よく行くスーパーは「丸正」。四谷三丁目に本店があるチェーンだが、ここはとにかく安い。時には安かろう悪かろうだが。最近はレジ袋を要らないと言うと、千円以上で2ポイントつく。

ところが、何も言わないとだいたい必要以上にくれる。明らかに1枚で済む時は2枚。そのうえ、魚や肉など生ものには別途薄いビニールをくれる。こちらもいつも多すぎる。

そもそも生ものと言っても、自宅までの数分に水分が出るものはまずないから、本当はいらない。エコバッグ利用者にスーパーとしてポイントはつけているが、それはエコ志向の消費者に配慮する格好を見せるためで、従業員は自分たちが払う訳ではないので気前よく渡しているのだろう。

昔からスーパーのレジ袋を減らすエコ運動はあるが、同時にそれをやり過ぎるのはおかしいという意見も時々見る。ネットで地球温暖化白書を見ると、レジ袋は日本で年間300億枚が使われており、乳幼児を除く国民1人あたり年に300枚を使うらしい。レジ袋1枚に20mlの石油を使うため、1人6リットルの石油を使うことになる。

反対論者は、それは1日のガソリン代にしかならないというもので、確かに運転を減らす方が何倍も石油を使わないことになる。あるいはレジ袋は石油の残りを使っているので、コストが安くムダではないという意見もある。そのうえ、ゴミを捨てるのにレジ袋は一番便利。市販のゴミ袋は大きすぎる。

フランスなど欧州ではずいぶん前からレジ袋は有料だ。だいたい10円とか20円とか取られる。日本でも5円くらいにしたらずっと減るのでは。それに販売するゴミ袋は、もっと小さいものを売ればいい。

たぶんレジ袋を減らしても環境の悪化にはあまり関係がない。それでも私はビニールとかプラスチックとかの化学製品が嫌いなので、できるだけ使いたくない。毎日、資源ゴミとして溜まるプラスチック類を見ると暗くなる。海に行くと、そういうものが大量にたどり着いていることがある。その風景を見ると、明らかに人間は悪だと思う。

本当を言うと、個人の車はすべてやめたらいいと思っている。地下鉄や電車、バスにタクシーで十分。そうしたら確実に生活も環境も変わる。レジ袋を出し過ぎな店員を見ながら、そんなことを考えた。

|

« 『リズと青い鳥』が私にわかるか | トップページ | 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/66662633

この記事へのトラックバック一覧です: レジ袋に考える:

« 『リズと青い鳥』が私にわかるか | トップページ | 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 »