« 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 | トップページ | 『マルクス・エンゲルス』に考える »

2018年5月16日 (水)

朝の思いつき

ここに何度も書いたが、いつ頃からか早寝早起きになった。新聞社にいた頃は時々朝の1時半までの「夜勤」もあったから、がんばれば起きていられた。大学に行ってしばらくたってからは、22時を過ぎるともう無理。酒を飲んでいても飲んでいなくても(少しは飲んでいるが)寝てしまう。その分、早く起きる。

朝は5時くらいから目が覚める。するとベッドの上でいろいろ思いつく。あっ、大学に書類を提出しないといけないとか、今日はあのDVDを忘れないようにとか、次から次に思いつく。昔はそれを覚えていたが、最近はすぐに忘れるので起きたらメモに書くこともある。

起きてシャワーを浴びる。するとさらに思いつく。今度はある程度脳が働くせいか、少し創造的になる。今日の授業でこの映画に触れようとか、次の論文はこういうものにしようとか、ブログのネタにこれを取り上げようとか。

それから新聞を読みつつ、コーヒーと野菜と果物のジュース(まだ続けている)を飲み出すと、もっと具体的になる。最近休みがちなこの学生には、こういうメールを送ってみようとか、あの学生の卒論にはこの本を紹介しようとか。そしてそれは新聞記事に中断される。

それからブログを書き始める。最近はだいたい数日分は書きためたものがある。試写で見たものを公開3か月前に出してもしょうがないので、だいたい書いて保存しておく。この作業をしているうちにまた「やるべきこと」を思いつく。そしてメールをがんがん出し始めるのが8時過ぎか。

この「思いつき」が、午後になるとだんだんなくなってゆく。夕食を取って酒を飲むと、もう何も思いつかない。何かをしようとしても、数分後には何をしようとしたかわからなくなる。ほとんどボケ老人の世界に近い。

理想的には授業は午後か夕方がいい。朝、やるべきことや考えることをやって、午後は準備した授業内容をなんとかこなす。今年はほかの2つの大学で非常勤を始めたので、夕方6時頃までの授業が週に2日ある。その後のお酒のうまいことといったら。

そういえば、朝ふとんの中で考えるのに、前夜の後悔がある。特に飲み会での失言を朝になって思い出す。そうすると、「あー」と思わず声を挙げそうになる。会社員時代はそれがしばしばだったが、今はだいぶ減ったのが嬉しく、少し寂しい。

|

« 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 | トップページ | 『マルクス・エンゲルス』に考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっちょこちょい を 検索してたらこのブログにたどり着きました。なんとなく面白そうなので時々読ませていただきます!

投稿: Maya | 2018年5月16日 (水) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/66689089

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の思いつき:

« 『ビューティフル・デイ』の渋い魅力 | トップページ | 『マルクス・エンゲルス』に考える »