« 日本統治下の韓国映画:その(4)『家なき天使』 | トップページ | ようやく『正しい日|間違った日』を見る »

2018年7月18日 (水)

真夏の健康法

10年ほど前から健康診断で胆石を指摘されているが、かなりやばくなってきた。この夏は、それに五十肩の痛みが加わった。そんなこともあって、最近は妙に健康を意識している。果物と野菜のジュースは毎朝飲んでいるが、今年の夏はミックス・ナッツを買っておいて朝よく食べる。

塩分が多いかなと思っていたら、セブン・イレブンで「素焼きミックス・ナッツ」という塩分抜きを見つけて、切り替えた。これだと塩味がない分、ナッツそのものの味が楽しめて、かえっていい。

藤田紘一郎という寄生虫学者の本は前にも一度読んだが、最近『ヤセたければ、腸内「デブ菌」を減らしなさい』を買った。痩せたいわけではなく、「2週間で腸が変わる最強ダイエットフード10」という副題が気になった。10のうち、ヨーグルト、味噌汁、ガーリックオイル、梅干しはだいたい食べている。

そこに書いてあったもので、酢タマネギ、酢キャベツはすぐにでもできる。生で刻んで、酢を混ぜて一日置くといいらしい。どちらも翌日納豆と混ぜたらおいしかった。そこにかつおぶしをかけると、何ともいい感じ。先日、思い立ってバルサミコ酢をタマネギに混ぜてオリーブオイルを加えたら、地中海の香りになった。ミニトマトと食べたら抜群。

今回藤田氏の本で初めて知ったのが、チアシード。とにかく栄養分が豊富とのことで、アマゾンで千円弱で売っていたので買ってみた。中南米産の小さな粒で、10倍ほど水を入れると膨れだして、ジェル状になる。味はほとんどないので、果物・野菜ジュースに入れてみた。

これは買ってからまだ数日なので、効果のほどはわからない。その本にはないが、友人にルイボスティーという紅茶の一種ももらった。胆石にいいらしい。チアシードもそうだが、こういう「健康食品」はあまり熱心にやらない主義。2、3日に1度くらいがいい。

五十肩対策として、友人に勧められた鍼灸院にも行ってみた。昔、肝臓が悪かった時に、母が見つけてきた鍼灸院に通ったり、漢方を飲んだりしたが、結果は全く出なかった。その時から東洋医学は印象が悪い。今回も「ここ痛みますか」とあちこちを聞かれたが、どこもピンと来なかった。

そんなこんなでこの夏は新しい健康法を試しているが、いいのか悪いのかわからない。本当は、酒を飲み過ぎないことが一番の健康法だとはわかっているが、これだけはできない。

|

« 日本統治下の韓国映画:その(4)『家なき天使』 | トップページ | ようやく『正しい日|間違った日』を見る »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/66934753

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の健康法:

« 日本統治下の韓国映画:その(4)『家なき天使』 | トップページ | ようやく『正しい日|間違った日』を見る »