« なぜか『BUTTER バター』を読む | トップページ | 追憶のアメリカ館:その(10)淡い出会い »

2020年6月 8日 (月)

『ルース・エドガー』を見る

そろそろ「普通」のアメリカ映画を見たいと思って選んだのが、ジュリアス・オナー監督の『ルース・エドガー』。予想通りのいかにもアメリカ的な社会派映画でありながら、サスペンスもたっぷりの佳作だった。

映画は黒人の高校生、ルース・エドガー(ケルヴィン・ハリソン・JR)がスピーチで喝采を浴びる場面から始まる。それを見守るナオミ・ワッツとティム・ロス演じる両親は白人だがと思っていると、ルースはアフリカの紛争地域からやってきて彼らに養子として育てられたことがわかってくる。

いかにも模範生で「オバマの再来」と言われて両親にも友達にも先生にも愛されているように見えるが、彼の影の部分が次第に見えてくる。アフリカ系の女性教師、ウィルソン(オクタヴィア・スペンサー)は彼の書いたレポートに危険な要素があることを見抜き、彼のロッカーを調べると危険な花火が見つかった。

ウィルソンはそのことを両親に伝えるが、ワイン好きで高収入の両親は反発する。その一方で2人はルースの行動に疑問を持ち始める。父と母の間も含めて、みんなが疑心暗鬼になってゆく。そしてルースが実は多くの葛藤を抱えていたことが見えてくる。

ウィルソン先生の存在がキモである。精神障害を抱えている妹を支えながら、黒人として何とか真っ当な生き方を追求してきた。ルースに対しても、必要以上に気を使う。そんな彼女が後半は悪者にされてゆく。オクタヴィア・スペンサーが抜群にうまい。

結局、誰が悪いのでもない。多民族国家アメリカそのもののひずみが見えてくる。ちょうどミネアポリスの警官による黒人殺害に端を発したデモが全米に広がっている今、そのわかりやすい例を見たような気分になった。

ルースとウィルソン先生、黒人の友人、アジア系女子などマイノリティ同士の複雑な葛藤を描けたのは、監督のジュリアス・オナーがナイジェリア出身の移民ということもあるかもしれない。

コロナ後にアート系の映画館で見るのにピッタリの内容とサイズ感だった。

 

 

|

« なぜか『BUTTER バター』を読む | トップページ | 追憶のアメリカ館:その(10)淡い出会い »

映画」カテゴリの記事

コメント

ひとつひとつの発言がいちいち親心にぐっさり刺さるニクい発言に終始し、何度となくケムに巻く息子の姿に、....を感じました。

投稿: onscreen | 2020年6月 8日 (月) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜか『BUTTER バター』を読む | トップページ | 追憶のアメリカ館:その(10)淡い出会い »