グルメ・クッキング

2018年9月 9日 (日)

映画以外のベネチアの話:その(1)

もう賞が発表されたが、それについてのコメントは後日にして、今日はベネチア映画祭がなぜいいかについて書きたい。それはまず、おいしいものが食べられるから。カンヌで食べるフランス料理と比べても、ベネチアは抜群にいい。以下、毎年食べるものを書いてみる。

続きを読む "映画以外のベネチアの話:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

ワインの金メダルとは

私はビールも日本酒も焼酎もワインも飲む。食べ物次第で何でもいいが、イタリア、フランス風の料理が好きなのでワインを飲むことも多い。最近気づいたのが、「金メダル」のシールを貼ったワインが多いこと。

続きを読む "ワインの金メダルとは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

神楽坂からいい店が消えてゆく

4月に飯田橋駅近くの「酒蕎庵 まろうど」に行ったら、「月末に店を閉めて長野に帰ります」と言われた。誠実で穏やかな感じの店長さんがいて、気の利いたつまみと信州のうまい蕎麦を出すいい店だった。30回は行ったと思う。

続きを読む "神楽坂からいい店が消えてゆく"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

昼ご飯に悩む

実は、毎日悩んでいることがある。情けないことに、それは昼をどこで食べるかだ。私は現在、週に1~2日、所沢の校舎に行き、2~3日江古田に行く。「所沢」といっても、それは所沢駅で乗り換えて1駅行き、さらにバスに乗る場所だ。

続きを読む "昼ご飯に悩む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

5年前の客を覚えていた店

渋谷の松濤美術館の隣に、「オステリア・アッサイ」という小さなイタリア料理店がある。2011年にできた頃話題になったので、2、3度行った記憶があった。久しぶりに行こうと思ったのは、友人から「渋谷でうまい店」を聞かれた時に、なぜか名前が出てきたから。

続きを読む "5年前の客を覚えていた店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

目白の美食の穴場

地図を見ると、私の自宅から勤務先の大学のちょうど中間のあたりに目白がある。そこを通っているバスもあるので、目白で食事をすることが増えたが、これがなかなかの穴場だ。

続きを読む "目白の美食の穴場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

「エンジョイ」の一言

昨年6月、パリにいた時にニューヨークに一週間行った。1989年に行って以来だった。その時はなぜか幸せな気分になった記憶があるが、去年行ってみていやなところだと思った。その象徴が「エンジョイ」という言葉だった。

続きを読む "「エンジョイ」の一言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

オーソドックスなフランス、イタリア料理店

最近、あまり奇をてらわないオーソドックスなフランス料理店とイタリア料理店に行く機会があった。外苑のフランス料理「アミニマ」は、前菜が20種、メインが5種くらいが黒板に書かれている。

続きを読む "オーソドックスなフランス、イタリア料理店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

『Matsushima』と『蓮香』のマニアック中華

最近は神楽坂の『エンジン』や四谷荒木町の『遊猿』など、若い中華のシェフが小さめの店で自由な味を展開する「ネオ中華」が増えた。この2軒はどちらかというと和食の要素を取り入れているが、最近行った代々木上原の『Matsushima』と白金の『蓮香』(れんしゃん)は、中国奥地の少数民族料理を追及しているマニアックな店。

続きを読む "『Matsushima』と『蓮香』のマニアック中華"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

神楽坂の人気中華再訪

最近お気に入りの「エンジン」にまた行ってみた。今度は2人でカウンターだったが、若いシェフの仕事ぶりが見えるし、会話もできて楽しかった。まず友人に「どれがおいしかった」と自慢していると、カウンターの向こうから「ご説明、助かります」

続きを読む "神楽坂の人気中華再訪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧