グルメ・クッキング

2017年7月23日 (日)

オーソドックスなフランス、イタリア料理店

最近、あまり奇をてらわないオーソドックスなフランス料理店とイタリア料理店に行く機会があった。外苑のフランス料理「アミニマ」は、前菜が20種、メインが5種くらいが黒板に書かれている。

続きを読む "オーソドックスなフランス、イタリア料理店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

『Matsushima』と『蓮香』のマニアック中華

最近は神楽坂の『エンジン』や四谷荒木町の『遊猿』など、若い中華のシェフが小さめの店で自由な味を展開する「ネオ中華」が増えた。この2軒はどちらかというと和食の要素を取り入れているが、最近行った代々木上原の『Matsushima』と白金の『蓮香』(れんしゃん)は、中国奥地の少数民族料理を追及しているマニアックな店。

続きを読む "『Matsushima』と『蓮香』のマニアック中華"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

神楽坂の人気中華再訪

最近お気に入りの「エンジン」にまた行ってみた。今度は2人でカウンターだったが、若いシェフの仕事ぶりが見えるし、会話もできて楽しかった。まず友人に「どれがおいしかった」と自慢していると、カウンターの向こうから「ご説明、助かります」

続きを読む "神楽坂の人気中華再訪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

神楽坂の中華『エンジン』に通う

2年ほど前にできた中華『エンジン』は赤坂の名店『うずまき』のシェフが独立した店として有名だったが、なかなか予約が取れなかった。家も近いので行きたいと思っていたが、春休みになって送別会で早めに予約して行ってみた。

続きを読む "神楽坂の中華『エンジン』に通う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

荒木町の中華2軒

最近はグルメの文章がないのが残念と、複数の友人から言われた。たぶん去年9月にフランスから帰国してから書いていない。外食していないわけではないが、どうもレストランそのものに関心が薄れていた。最近それが復活してきた。

続きを読む "荒木町の中華2軒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

冬にキャベツを食べる

最近野菜が高い。安いスーパーでもキャベツが300円もする。それでも冬のずっしり重い寒玉のキャベツは、半分でも大きくて食べでがあるのでよく買う。さてどうやって冬キャベツを食べるのか。

続きを読む "冬にキャベツを食べる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

肉のイタリアンを味わう

最近、肉料理が流行っているようで、熟成肉の専門店もあちこちにある。イタリア料理店にもその波が来たようで、牛肉を売りにした店が増えてきた。今年5月にできて話題になっていた銀座の「エル ビステッカロ デイ マニャッチャーニ」もその一つ。 

続きを読む "肉のイタリアンを味わう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

「深町」の心地よさ

昔、新聞社の交際費を自由に使えた頃によく外国人と行ったのが、京橋の天ぷら屋「深町」。豪勢な店構えではなく、庶民的に見えながら全体に清潔感が漂っている店で、天ぷらそのものも、何気においしい、そんな感じだった。

続きを読む "「深町」の心地よさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

京都の話:その(5)夜の東山を歩く

とにかく、夜のライトアップとかイリュミネーションとかが苦手だ。あんな子供だましに喜んでスマホをかざしている人々を見ると、日本はやはりダメかなと暗澹たる気分になる。それでも友人に誘われて、京都の春のライトアップを散策した。

続きを読む "京都の話:その(5)夜の東山を歩く"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

レストランはサービスがキモ

去年ここで書いた白金のイタリア料理店「ロッツォ・シチリア」と三越前のフランス料理店「ラ・ボンヌターブル」を今年になって再訪して、改めてその心地よさに浸った。もちろん料理は抜群だが、全体に広がる肩の凝らない雰囲気のおかげではないか。気取らない内装と共に、サービスを担当する人たちの、温もりのあるきめ細かい対応がキモだろう。

続きを読む "レストランはサービスがキモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧