ニュース

2018年6月 4日 (月)

「安くておいしい国」日本

先日の「朝日」論壇時評で、小熊英二氏が「「安くておいしい国」の限界」という見出しで書いていて、はたと膝を打った。最近私がぼんやりと考えていたことと、同じだから。

続きを読む "「安くておいしい国」日本"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

「チャイナ・スタンダード」とは

連休中に「朝日」の朝刊1面と2面を使った「チャイナ・スタンダード」という特集が、印象に残った。見出しは「中国手本「民主化なき発展」」で、中国式の一党独裁的な政権を支持する国が増えているというショッキングな内容だ。

続きを読む "「チャイナ・スタンダード」とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

「映画は社会問題問う道具」か

一か月ほど前の「朝日」朝刊文化面に『デトロイト』のキャサリン・ビグロー監督へのインタビューがあった。それへのコメントのような形で、石飛記者が日本の映画は「政治的主題とは無縁」と書いていたのが妙に気になっていた。本当にそうだろうか。

続きを読む "「映画は社会問題問う道具」か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

「奨学金破産」に驚く

先日ここで、留学生に日本は甘すぎるのではという内容を書いた。すると大学生の娘を持つ大学時代の同級生から携帯に電話がかかってきた。「同感。日本の若者を大事にしないと」。

続きを読む "「奨学金破産」に驚く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

『きょうも傍聴席にいます』に涙する

ちょっと書くのが恥ずかしいが、最近一番泣いた本が幻冬舎新書『きょうも傍聴席にいます』。実は「朝日新聞デジタル」つまり朝日のネット版で連載されているもので、「朝日新聞社会部編」だが、抜群におもしろい。そして何回も泣ける。

続きを読む "『きょうも傍聴席にいます』に涙する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

「ルモンド」紙に出たアルマーニの制服問題

私は仏「ルモンド」紙電子版に無料会員登録をしているので、毎日ニュース一覧がメールで送られてくる。記事は月に10本までは無料なので時々読むが、主要ニュースで日本が話題になることは最近は少ない。

続きを読む "「ルモンド」紙に出たアルマーニの制服問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

気になる3人の訃報

今年になって、昔から妙に気になった3人が相次いで亡くなった。野球選手の星野仙一が70歳で1月4日、評論家の西部邁が78歳で1月21日、政治家の野中広務が92歳で1月26日。たぶん西部邁は知らない人も多いと思うが、私にはなぜか気になる人だった。

続きを読む "気になる3人の訃報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

アマゾン効果の時代に

学生にはよく、今は映像をめぐる環境の過度期だと説明する。19世紀半ばに写真が生まれ、90年代に映画が生まれた。列車や飛行機や自動車や電話や電報やタイプライターができて、20世紀の道具立てがほぼ整った。

続きを読む "アマゾン効果の時代に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

「ワインスタイン効果」とは

昨年末からアメリカの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ事件を巡って、世界中が大騒ぎになっている。木下千花さんが書いたエッセーによれば「ワインスタイン後」After Weinsteinとか「ワインスタイン効果」Weinstein Effectという言葉もあるようだ。「効果」はもう英語のwikiに膨大な例と共に載っている。

続きを読む "「ワインスタイン効果」とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

トランプ大統領はチャンスかも

トランプ大統領の暴言は続いているが、最近は彼の出現をあえてポジティブにとらえる論調も出てきたようだ。歌手のブライアン・イーノは、「アメリカでドナルド・トランプが大統領に就任し、UKでEU離脱が起きたことについて「ケツを叩いてくれた」という点では「喜んでいる」」

続きを読む "トランプ大統領はチャンスかも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧