文化・芸術

2017年4月18日 (火)

「絵巻マニア列伝」のオタクたち

サントリー美術館で5月14日まで開催の「絵巻マニア列伝」は、実は普通の展覧会と少し違う。題名の通り、数多くの絵巻が展示されているが、それを収集したコレクター別に展示しているところが新しい。副題は「うい、らぶ、えまき」。

続きを読む "「絵巻マニア列伝」のオタクたち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

江戸のパノラマから山崎博へ

東京都写真美術館で5月7日まで開催の「日本写真開拓史」展を見た。「朝日」の夕刊で紹介されていた時、《愛宕山から見た江戸のパノラマ》の横に長い写真が載っていたから。江戸時代末期、1863-64年の江戸の町を一望に見下ろす写真を見たくなった。

続きを読む "江戸のパノラマから山崎博へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

雪村に驚く

やはり、美術史はつくづく知らないことが多いと思った。東京芸大美術館で5月21日まで開催中の「雪村 奇想の誕生」展を見てのこと。チラシには「「ゆきむら」ではなく「せっそん」です」と大きく書かれているが、私の知識もそのレベル。

続きを読む "雪村に驚く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

河鍋暁斎は楽しい

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで4月16日まで開催されている「これぞ暁斎」展は、とにかく楽しい。ゴールドマンという人の個人コレクションなので小さいものばかりかと思っていたが、大きな作品もある。

続きを読む "河鍋暁斎は楽しい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

草間彌生展への疑問

狂ったような芸術家の個展を続けて見た。今年88歳の草間彌生と幕末から明治の前半に活躍した河鍋暁斎。草間展は5月22日まで国立新美術館で開催されているが、休日の午後に行ったらものすごい人だった。

続きを読む "草間彌生展への疑問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

「ゲゲゲの人生展」の水木しげる

私にとって、一番心に残っているアニメは「ゲゲゲの鬼太郎」。あの「ゲッ、ゲッ、ゲゲゲのゲー」という歌は今でも歌えるし、鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男、ぬりかべといった登場人物もよく覚えている。そこで銀座松屋で20日まで開催の「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」を見に行った。

続きを読む "「ゲゲゲの人生展」の水木しげる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

早春にヴェネツィア絵画を楽しむ

今の季節にピッタリの絵画展を見た。4月2日まで開催の「ティツィアーノとヴェネツィア派展」で、毎年のように映画祭でヴェネツィアに通っている私としては、行かざるをえない。ましてやティツィアーノとティントレットが見られるのだから。

続きを読む "早春にヴェネツィア絵画を楽しむ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

ナビ派を楽しむ

丸の内の三菱一号館美術館で5月21日まで開催中の「オルセーのナビ派展」を見た。19世紀末のこのグループは、もともとボナールを始めとしてヴュイヤール、ヴァロットンなど個人的に気になる画家が多い。ましてやオルセーの所蔵品が80点も来るのならと出かけた。

続きを読む "ナビ派を楽しむ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

「映像」を考える展覧会2つ

「映像」とは何かを考える展覧会を2つ見た。1つは、26日まで東京都写真美術館を中心に開催の「第9回恵比寿映像祭」、もう1つは、明日まで上野の国立科学博物館でやっている「世界遺産 ラスコー展」。

続きを読む "「映像」を考える展覧会2つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

古唐津を楽しむ

私は陶芸の展覧会はあまり見ない。見ても、ありがたみがわからないから。出光美術館で始まったばかりの「古唐津」展を見たのは、「岩佐又兵衛]展を見に行ったら、いつの間にか終わっていてこの展覧会が始まっていたから。チケットを買ってから「あら、違う」と気がついた。

続きを読む "古唐津を楽しむ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧