旅行・地域

2017年11月 8日 (水)

「エンジョイ」の一言

昨年6月、パリにいた時にニューヨークに一週間行った。1989年に行って以来だった。その時はなぜか幸せな気分になった記憶があるが、去年行ってみていやなところだと思った。その象徴が「エンジョイ」という言葉だった。

続きを読む "「エンジョイ」の一言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

カッセルをさまよう

ベネチアの映画祭の後にパリに数日滞在している間に、ドイツのカッセル・ドクメンタにも足を伸ばした。カッセル・ドクメンタとは、5年に1度開かれる大規模な現代美術展だが、ベネチア・ビエンナーレのように国別のパビリオンも賞制度もなく純粋なテーマ重視のため、少なくともかつてはベネチアよりも重要視されていたと思う。

続きを読む "カッセルをさまよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

ベネチア、パリ

いつ頃からか、ベネチア国際映画祭の後にパリで数泊するようになった。イタリア映画祭の企画準備を始めた1990年末から、2007年にイタリア映画祭から離れるまで、9月初めはだいたいその経路をたどった。

続きを読む "ベネチア、パリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

映画以外の2017年ベネチアの話:その(2)

ベネチアの結果は出たが、ここではあえて違う話を書く。私は外国にいても早寝早起きだ。ベネチアでも5時頃起きる。ある朝起きて窓を開けて空気を吸っていたら、大きな蜂が舞い込んできて、部屋の中をぶんぶん回りだした。新聞紙を丸めて殺そうかと思ったが、かえって刺されと思うと怖い。

続きを読む "映画以外の2017年ベネチアの話:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

「タイ」展の楽しさ

東京国立博物館で8月27日まで開催の「タイ~仏の国の輝き~」展を見た。そもそも私の仏教に関する知識はかなり低い。たぶん、文学や映画や美術でよく触れるキリスト教より知らない。だから日本の仏教とタイのそれがどう違うのかさえよく知らない状態で見たが、それなりに楽しめた。

続きを読む "「タイ」展の楽しさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

実家付近を歩いて

私は福岡県南部の小さな町の出身だが、この連休に実家へ帰ってあらためて愕然となった。かつて自宅近くにあったお店がすべてなくなっていた。そこは町内では人通りの多い地区だったはず。

続きを読む "実家付近を歩いて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

久しぶりの長崎:その(1)

長崎に行った。5、6回目だろうか。今回一番思ったのは「さびれた」感じがないということ。今や地方都市は福岡や名古屋などの大都市でなければ、「さびれた」と思うことが多い。ところが人口が40万人の長崎市には、活気があった。

続きを読む "久しぶりの長崎:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

冬の終わりに来て、冬の始めに帰る

ようやく、帰国した。帰る数日間に急に寒くなった。シネマテークでの「フランスにおける日本映画の受容」を巡る座談会に参加した日、朝起きると寒かった。明らかに夏が終わった感じで、夏用の麻のシャツではもたないと思った。冬の兆しがそこにあった。

続きを読む "冬の終わりに来て、冬の始めに帰る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

もう、映画を見るヒマもない:その(5)

パリ滞在のマイナス面を書き過ぎたので、よかったことも書いておこう。一番嬉しかったのは、友人たちと再会できたこと。32年前の留学時代の友人を始めとして、フランス国内とかドイツとかイタリアとかアメリカに住む友人たちとじっくり会えた。

続きを読む "もう、映画を見るヒマもない:その(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

パリのささいなこと:その(7)

パリに半年滞在して思ったのは、フランス人女性があまり美しくないことである。というかお洒落でない女性が多すぎる。これまでパリに来るときは1区や6区のような観光地=繁華街に泊まっていたので、パリの男女はもっと着飾っていた。

続きを読む "パリのささいなこと:その(7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧