旅行・地域

2018年9月18日 (火)

フランスをさまよう:その(2)

リヨンでは、前から行きたかったリヨン美術館に初めて行った。ここはフランスの裕福な大都市の美術館にふさわしく、ギリシャ・ローマやエジプト美術から現代までの作品が並んでいる。

続きを読む "フランスをさまよう:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

フランスをさまよう:その(1)

毎年、ベネチアの帰りにパリに寄る。かつてはパリに着くと、昼間は日本未公開の映画を見たり、シネマテークの図書館で調べものをしたりして、夜は友人と食事をした。

続きを読む "フランスをさまよう:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

映画以外のベネチアの話:その(2)

前に書いた通り、今回新聞記者は、朝日、読売、毎日、共同、時事が来た。朝日の石飛記者は6年ぶりで、ほかは初めてだが、2人はほかの映画祭の経験がある。みんなが口を揃えて「ベネチアは最高」と言った。今年のベネチアは確かにコンペのレベルが高かった。

続きを読む "映画以外のベネチアの話:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

映画以外のベネチアの話:その(1)

もう賞が発表されたが、それについてのコメントは後日にして、今日はベネチア映画祭がなぜいいかについて書きたい。それはまず、おいしいものが食べられるから。カンヌで食べるフランス料理と比べても、ベネチアは抜群にいい。以下、毎年食べるものを書いてみる。

続きを読む "映画以外のベネチアの話:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

古代アンデス文明展の衝撃

「南方熊楠展」を見に上野の国立科学博物館に出かけたら、それは常設展の一部で企画展は「古代アンデス文明展」だったので、そちらも見ることにした。企画展は高いがそのお金で常設展も見られるから。

続きを読む "古代アンデス文明展の衝撃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

高崎で展覧会2つ

高崎の映画館に講演に行ったついでに、美術展を2つ見た。高崎は25年ほど前に、最初の職場の仕事で群馬県立近代美術館に行ったきり。この美術館は駅から少し離れているので、駅周辺を回ろうと思ったら市立美術館が2つもあった。

続きを読む "高崎で展覧会2つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

「エンジョイ」の一言

昨年6月、パリにいた時にニューヨークに一週間行った。1989年に行って以来だった。その時はなぜか幸せな気分になった記憶があるが、去年行ってみていやなところだと思った。その象徴が「エンジョイ」という言葉だった。

続きを読む "「エンジョイ」の一言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

カッセルをさまよう

ベネチアの映画祭の後にパリに数日滞在している間に、ドイツのカッセル・ドクメンタにも足を伸ばした。カッセル・ドクメンタとは、5年に1度開かれる大規模な現代美術展だが、ベネチア・ビエンナーレのように国別のパビリオンも賞制度もなく純粋なテーマ重視のため、少なくともかつてはベネチアよりも重要視されていたと思う。

続きを読む "カッセルをさまよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

ベネチア、パリ

いつ頃からか、ベネチア国際映画祭の後にパリで数泊するようになった。イタリア映画祭の企画準備を始めた1990年末から、2007年にイタリア映画祭から離れるまで、9月初めはだいたいその経路をたどった。

続きを読む "ベネチア、パリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

映画以外の2017年ベネチアの話:その(2)

ベネチアの結果は出たが、ここではあえて違う話を書く。私は外国にいても早寝早起きだ。ベネチアでも5時頃起きる。ある朝起きて窓を開けて空気を吸っていたら、大きな蜂が舞い込んできて、部屋の中をぶんぶん回りだした。新聞紙を丸めて殺そうかと思ったが、かえって刺されと思うと怖い。

続きを読む "映画以外の2017年ベネチアの話:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧