日記・コラム・つぶやき

2018年5月18日 (金)

大学は役にたつのか:その(1)

あくまで印象だが、私がいま勤める大学で、卒業せずに中退して行く学生は1割くらいいるような気がする。そんな学生も多くは同級生と連絡を保っていて、私も再会する機会がある。

続きを読む "大学は役にたつのか:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

朝の思いつき

ここに何度も書いたが、いつ頃からか早寝早起きになった。新聞社にいた頃は時々朝の1時半までの「夜勤」もあったから、がんばれば起きていられた。大学に行ってしばらくたってからは、22時を過ぎるともう無理。酒を飲んでいても飲んでいなくても(少しは飲んでいるが)寝てしまう。その分、早く起きる。

続きを読む "朝の思いつき"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

レジ袋に考える

私が一番よく行くスーパーは「丸正」。四谷三丁目に本店があるチェーンだが、ここはとにかく安い。時には安かろう悪かろうだが。最近はレジ袋を要らないと言うと、千円以上で2ポイントつく。

続きを読む "レジ袋に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

5月の風に思う

今頃の季節になると、思い出す風景がある。1987年5月、トラックに乗って引っ越した時のことだ。高田馬場のオンボロアパートをカラにして、千葉県市川市行徳にあった大型マンションに引っ越した。その時のトラックの座席の窓を開けて感じた風が、何とも言えないほど爽快だった。

続きを読む "5月の風に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

「チャイナ・スタンダード」とは

連休中に「朝日」の朝刊1面と2面を使った「チャイナ・スタンダード」という特集が、印象に残った。見出しは「中国手本「民主化なき発展」」で、中国式の一党独裁的な政権を支持する国が増えているというショッキングな内容だ。

続きを読む "「チャイナ・スタンダード」とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

「平成」を表す映画とは

昨日の「日経」夕刊社会面トップの「平成あと1年 実感じわり」という記事に、私のコメントが載った。昨年末に学生が企画した映画祭「映画と天皇」を振り返った話で、学生の言葉も交えてあった。実はこの取材の時に「ところで先生は、平成を表す映画はどれだと思いますか?」と来た。

続きを読む "「平成」を表す映画とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

六本木から青山へ

授業の後に試写に行くことが多いが、初夏のいい天気だったので、青山での試写の前に六本木の国立新美術館に行ってみた。この美術館は、この季節は庭が気持ち良い。野外のカフェに座ると天国だ。

続きを読む "六本木から青山へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

日本人は「働き方改革」ができるか

先日、「毎日」に載った城みちるのことを書いたが、同じページに残間里江子氏のコラムがあったので、読んでみた。もともとこの人は苦手だったが、「もう一度花を咲かせよう」という連載のタイトルを見て、嫌な感じがした。

続きを読む "日本人は「働き方改革」ができるか"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

「イルカにのった少年」ノスタルジア

昔、新聞社にいた頃、「テレビを見ないとダメだよ」と何度か言われた。確かに「現代」を毎日伝える新聞社にいて、テレビの流行を知らないのはまずい。だけど、私は大きな事件が起きた時以外はテレビを見なかった。それは今も続いている。

続きを読む "「イルカにのった少年」ノスタルジア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

名刺を出すのは恥ずかしい

先日、新聞社時代の大半を過ごした部署のOB会に出かけた。10年ぶりに会う人がほとんどで懐かしかったが、ちょっと当惑したこともあった。私の異動に関わったかつての上司は、いきなり私を「古賀君」と君づけした。

続きを読む "名刺を出すのは恥ずかしい"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧