日記・コラム・つぶやき

2017年5月26日 (金)

『実相寺昭雄 才気の伽藍』を読む

少し前に買った樋口尚文著『実相寺昭雄 才気の伽藍』をようやく読んだ。実相寺昭雄という名前は、私たちの世代にはちょっと神話的な響きを持つ。『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』のすごい回を作ったとか、ATGでヘンな映画があるとか、オペラを演出したとか。

続きを読む "『実相寺昭雄 才気の伽藍』を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

なぜブログを書くのか:その(1)

なぜ私はこのブログを書くのか。もう8年と少し書いているので、始めた時の明確な理由はよく覚えていない。今考えると、新聞記者を急に辞めて何か書きたい気分が収まらなかったからだろう。見た映画や展覧会、読んだ本の備忘録という意味もあった。

続きを読む "なぜブログを書くのか:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

実家付近を歩いて

私は福岡県南部の小さな町の出身だが、この連休に実家へ帰ってあらためて愕然となった。かつて自宅近くにあったお店がすべてなくなっていた。そこは町内では人通りの多い地区だったはず。

続きを読む "実家付近を歩いて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

「朝日」の社内報を読みながら

朝日新聞社を辞めて8年と少しになるが、今も社内報「A’」(エーダッシュ)が送られてくる。私が勤め始めた90年代前半の社内報は何と「朝日人」で今思うとびっくりのタイトルだったが、いつかの不祥事の時に「A’」に変わったと思う。

続きを読む "「朝日」の社内報を読みながら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

久しぶりの長崎:その(1)

長崎に行った。5、6回目だろうか。今回一番思ったのは「さびれた」感じがないということ。今や地方都市は福岡や名古屋などの大都市でなければ、「さびれた」と思うことが多い。ところが人口が40万人の長崎市には、活気があった。

続きを読む "久しぶりの長崎:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

会社員のドブネズミはいつから

戦前の日本映画を見ていると驚くのは、男性がお洒落だということだ。今では会社員と言えば、8割以上がドブネズミ色、つまり限りなく黒に近いグレーのスーツ。紺や薄いグレーといった色ならまだいいが、あのドブネズミ集団は気が滅入る。

続きを読む "会社員のドブネズミはいつから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

医師の語る健康法

昔から、さまざまな健康法が語られてきた。「紅茶キノコ」とか「ぶら下がり」とかいろいろあった。あるいは最近は「サプリ」を飲む人が多い。別に長生きをしたいわけではないが、50も半ばになると健康法は気になる。

続きを読む "医師の語る健康法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

不穏な福岡

福岡が不穏な雰囲気だ。少し前に、突然博多駅前の地盤が沈下した時にも驚いたが、今度の3億8千4百万円強盗問題にはびっくりした。地盤沈下は、福岡の「よかよか」気質が生んだもののような気がしていたが、今度はもっと深い。

続きを読む "不穏な福岡"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

春の快楽

ようやく、春になった。コートやマフラーやブーツなしで外に出かけることが、こんなに楽しいとは思わなかった。去年はこの時期にパリだったので、まだまだ寒かった。パリで本当にコートがいらなくなるのは、5月のカンヌの後ではなかったか。

続きを読む "春の快楽"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

死んでもネットは生き続ける

このブログは、普段は毎朝書くが、数日前に書いてアップ日時を予約していることもある。春休みなど時間がある時は、書き溜める。新学期は朝9時から所沢でガイダンスという日があるので、朝は書く時間がない。

続きを読む "死んでもネットは生き続ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧