大学

2017年12月28日 (木)

「多々ある」への違和感

昔、パリで言語学の授業を受けた時、「あらゆる言葉に間違いはありません。誰かが書いたり話したりするすべての言葉は正しいのです。ただし、これまでの言い方に比べると違うと感じることはよくあります」という話を聞いて、なるほどと思った記憶がある。若い女性の先生だった。

続きを読む "「多々ある」への違和感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

今年も学生映画祭:その(1)

今日から私の学生が企画する映画祭が渋谷のユーロスペースで始まる。今年で7年目だからいいかげん飽きてきたが、今年のテーマは「映画と天皇」。女子学生が出した案だが、何ともタイムリー。

続きを読む "今年も学生映画祭:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

クリスチャン・メッツの話

フランスのクリスチャン・メッツは、映画記号学の巨人として知られる。多くの優秀な弟子を育てたことでも有名だが、日本でたぶん唯一その1人である武田潔さんが、メッツが行ったゼミについて語る会があったので、行ってみた。

続きを読む "クリスチャン・メッツの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

真夏の教授のファッション:続き

最近何度か「スタイルがいい」と言われたことがあって、驚いている。昔から、頭は大きく平ぺったく、上半身は痩せっぽちで、手が長く足が短い。つまりはほとんど案山子に近い。そのうえ、靴のサイズは大きい。だから、スタイル以前に既製品を買うとサイズが難しい。

続きを読む "真夏の教授のファッション:続き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

真夏の教授のファッション

最近は文科省の指導で、授業の回数が増えた。昔は年に25回前後だったのが、30回になった。そうすると7月末までの授業が普通になる。そんな真夏に教授は何を着るのか。

続きを読む "真夏の教授のファッション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

学会について考える

今はいわゆる学会シーズンで、私も映像関係の学会のために地方に行ってきた。大学に移って8年が過ぎたが、まだ大学という環境に違和感がある。それ以上に不思議なのが「学会」という世界。

続きを読む "学会について考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

映画理論をどう教えるか

映画研究は、大きく分けると映画史と映画理論に分かれる。映画史はその名の通りだが、映画理論というと一般にはわかりにくいかもしれない。一言で言うと、「映画とは何か」について考えることで、映画の始まりから現在まで多くの著作が残されている。

続きを読む "映画理論をどう教えるか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

卒論の話:その(5)

今年の卒論は、これまでで一番レベルが高かったように思う。飛び抜けた論文が毎年必ず1本はあり、いい年は2、3本ある。今年は、甲乙つけがたい論文が4本もあった。

続きを読む "卒論の話:その(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

N君のこと

大学に移ってから、初めて教え子が亡くなった。3年前に卒業したN君だ。大阪に勤務していたのは知っていたが、この知らせを聞いて絶句した。私の知る限り、本当にみんなに愛された学生だったから。

続きを読む "N君のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

関西で見る『夫婦善哉』

毎年、この時期になると関西の私大の大学院で集中講義をしている。ホテルに泊まり、毎日阪急電車で通う。チョコレート色の車両は東京の私電より幅が広く、ゆったりとした感じがする。抹茶色の座席シートも心地よい。

続きを読む "関西で見る『夫婦善哉』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧