大学

2017年3月 6日 (月)

N君のこと

大学に移ってから、初めて教え子が亡くなった。3年前に卒業したN君だ。大阪に勤務していたのは知っていたが、この知らせを聞いて絶句した。私の知る限り、本当にみんなに愛された学生だったから。

続きを読む "N君のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

関西で見る『夫婦善哉』

毎年、この時期になると関西の私大の大学院で集中講義をしている。ホテルに泊まり、毎日阪急電車で通う。チョコレート色の車両は東京の私電より幅が広く、ゆったりとした感じがする。抹茶色の座席シートも心地よい。

続きを読む "関西で見る『夫婦善哉』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ロボットの日々

最近映画の話が少ないが、実はそれどころではない。2月は大学の教師にとって、ロボットになったような毎日だ。とにかく毎日のように締め切りが来る。まず全部の授業の成績を出す。ある必修の単位は200人近くの記述式テストを採点し、出席状況を加味してネット上で点数を報告する。ゼミはレポートを読んで採点する。

続きを読む "ロボットの日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

卒論の話:その(4)

坪内祐三氏に『古くさいぞ私は』という本があった。自分もそうだと思う。少なくとも論文では、今風の流行り言葉は許さない。一番多いのは、「立ち位置」だろうか。「戦後の小津安二郎の立ち位置は」などど書かれると、ムカッと来る。

続きを読む "卒論の話:その(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

早大への天下りを考える

文科省の前高等教育局長が、早稲田大学教授へ天下ったことが問題になっている。このニュースを聞いた時、ひやりとした人は多いのではないか。実は私も、少しだけ心がざわついた。

続きを読む "早大への天下りを考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

卒論の話:その(3)

私の大学の授業はだいたい今週までで終わる。次は4月10日からと言うと「また休みですか。いいですねえ」とよく言われる。ところが大学の教師にとって、とりあえず3月半ばまではむしろ繁忙期。

続きを読む "卒論の話:その(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

卒論の話:その(2)

前に、自分が大学生の時には一切卒論指導を受けなかったと書いた。その頃のことを思い出したので、今日は卒論ノスタルジアを書く。提出は、今の私の大学と同じく1月10日頃だった。仏文学科なので、仏語の要旨も添付する必要があった。

続きを読む "卒論の話:その(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

卒論の話:その(1)

大学の教師になってわかったのは、年末年始が忙しいこと。なぜかというと、卒論の草稿を読むから。クリスマス前に預かり、読んで年末や年始に自宅近くのカフェで指導する。間に合わない学生は、年末や年始に速達で郵送してくる。

続きを読む "卒論の話:その(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

若手映画研究者が続々

最近は、若手の映画研究者が一流の研究書をどんどん出版している。だいたい私より10歳以上も下の世代だ。もともと映画を単なる批評ではなく、研究対象として大学院で専攻できたのは早大だけだった。

続きを読む "若手映画研究者が続々"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

研究者用の図書館へ行く

着いて1カ月にもなるので、そろそろ「研究活動」もしないとまずいと思い、先週は研究者用の専門図書館に2つ行った。1つはシネマテーク内図書館の研究者スペース、もう1つは新しい国立図書館の研究者棟。どちらも簡単には入れない。

続きを読む "研究者用の図書館へ行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧