映画

2017年3月24日 (金)

他人事ではない『メットガラ』

4月15日公開の『メットガラ ドレスをまとった美術館』を見た。こういう文化村向きのようなセレブ映画は遠慮していたが、宣伝の方から元イベント屋の私にぜひ見て欲しいと連絡があった。

続きを読む "他人事ではない『メットガラ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ダルデンヌ兄弟、健在

4月8日公開のダルデンヌ兄弟監督『午後8時の訪問者』を見た。去年のカンヌで見ていたが、実は冒頭でぼんやりしていたせいか、どこか納得がいかなかったのでもう一度見ることにした。

続きを読む "ダルデンヌ兄弟、健在"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

「こども映画教室」を考える

最近、「こども映画教室」という言葉をよく聞く。小学生に映画を教えるという活動で、中心になっているのは30年来の友人の土肥悦子さん。その報告会があるというので、横浜にある東京芸大の大学院映像研究科に行ってみた。

続きを読む "「こども映画教室」を考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

『チア☆ダン』に涙する

予告編で見て、もうたくさんという映画がある。実は『チア☆ダン』がそうだった。ところが「朝日」で絶賛の映画評が出ていたので、劇場に見に行った。そのうえ、河合勇人監督は私が教えている大学の出身らしい。私にも少しは愛校心が生まれてきたようだ。

続きを読む "『チア☆ダン』に涙する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

『ローマ法王になる日まで』に考える

6月3日公開のダニエーレ・ルケッティ監督『ローマ法王になる日まで』を見た。ナンニ・モレッティの弟子筋のこの監督は、『イタリア不思議旅』(1988、フランス映画社配給!)で日本でも鮮烈なデビューを果たしたが、その後はあまりぱっとしなかった。

続きを読む "『ローマ法王になる日まで』に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

『ひるね姫』の描く近未来

最近は何かとアニメが話題なので、3月18日公開の神山健治監督『ひるね姫』を見に行った。2020年のオリンピック直前が舞台という近未来で、神山監督が原作・脚本も手がけているオリジナルアニメというのが気になった。

続きを読む "『ひるね姫』の描く近未来"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

『ザ・ダンサー』のロイ・フラーをめぐって

6月3日公開のフランス映画『ザ・ダンサー』を見た。ステファニー・ディ・ジュストという女性監督の第一回長編だが、ロイ・フラーという20世紀初頭の気になるダンサーの映画というので、早く見たいと思った。

続きを読む "『ザ・ダンサー』のロイ・フラーをめぐって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

『サバイバルファミリー』の新境地

矢口史靖監督の『サバイバルファミリー』を劇場で見た。実は予告編を見た時はあまり期待していなかった。ところが今回見てみたら、予告編のイメージをはるかに上回る映画だと思った。

続きを読む "『サバイバルファミリー』の新境地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

『僕とカミンスキーの旅』の妙な魅力

4月29日公開のドイツ映画『僕とカミンスキーの旅』を見た。『グッバイ・レーニン!』(2003)で話題になったウォルフガング・ベッカー監督の12年ぶりの長編と言う。彼は05年にベルリンで会った時に今後の企画について話を聞いたので、気になって試写を見た。

続きを読む "『僕とカミンスキーの旅』の妙な魅力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

『息の跡』のブリコラージュ

小森はるか監督のドキュメンタリー『息の跡』を劇場で見た。「朝日」の「折々のことば」で鷲田清一さんが、この映画で使われる一言を取り上げていた。そこで、蓮實重彦さんが同じく「朝日」で絶賛していたことを思い出し、慌てて見に行った。

続きを読む "『息の跡』のブリコラージュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧