映画

2021年1月19日 (火)

『狩り場の掟』に唖然

国立映画アーカイブにまた行ってしまった。「中国映画の展開」で見たのは、田壮壮監督の長編デビュー作『狩り場の掟』だが、いろいろな意味で唖然とした。この監督は『青い凧』が中国で上映が禁止されたにもかかわらず1993年の東京国際映画祭ではグランプリを取ってしまい、話題になった。

続きを読む "『狩り場の掟』に唖然"

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

20年前はイタリア年だった:その(2)

2001年の「日本におけるイタリア年」は、1999年の1月頃にイタリア大使館から提案されたと記憶している。各新聞社の文化事業部の部長クラスを呼び出して、「お金を出すから企画を考えてくれ」というものだった。私は映画の企画を2本出したが、同僚はフェニーチェ歌劇場の初来日公演とかポンペイ展とかカラヴァッジョ展などを提案した。

続きを読む "20年前はイタリア年だった:その(2)"

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

『天国に違いない』の孤独な旅

1月29日公開のエリア・スレイマン監督『天国に違いない』を試写で見た。このパレスチナの監督の映画を見るのは『D.I』(2002年)以来で、この時はフランス映画社の配給なので気合を入れて見たが、正直よくわからなかった記憶がある。

続きを読む "『天国に違いない』の孤独な旅"

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

『チャンシルさんは福が多いね』に思う

キム・チョヒ監督の『チャンシルさんは福が多いね』を劇場で見た。去年の『はちどり』や『82年生まれ、キム・ジヨン』と同じく、韓国女性の第一回監督作品というので興味を持った。その2作ほどのインパクトはないが、なかなか洒落た作品だった。

続きを読む "『チャンシルさんは福が多いね』に思う"

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

『大いなる道』の裸体をめぐって

国立映画アーカイブの「中国映画の発展」で、孫瑜監督の『大いなる路』(1935)を見た。これまた中国映画史で必ず出てくる作品だが、これまで見ていなかったと思う(たぶん)。いわゆるサウンド版だが、隠された抗日意識の表象と同時にその裸体の表現に驚いた。



続きを読む "『大いなる道』の裸体をめぐって"

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

『ワンダーウーマン1984』がわからない

正月明けの気分転換と思ってパティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン1984』を見た。実は前作を見ていないが、そんなことは私にはよくある。女性監督の女性を中心とした映画だし、主人公がスミソニアン博物館勤務というのも気になった。

続きを読む "『ワンダーウーマン1984』がわからない"

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

『深夜の歌声』再見

国立映画アーカイブの「中国映画の展開」で馬徐維邦監督の『深夜の歌声』(1937)を見た。戦前の中国映画の傑作として名高く、たぶん竹橋時代のフィルムセンターで見た記憶があるが、さっぱり忘れていた。中国人留学生に聞くとやはり「すごく有名です」と言う。

続きを読む "『深夜の歌声』再見"

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

覆面で見た『花束みたいな恋をした』

たぶん生まれて初めて題名もスタッフもキャストも知らないままに映画を見た。公開日も決まっていなかったが、ずいぶんたって1月29日公開の『花束みたいな恋をした』だったとわかった。なぜ見に行ったかと言えば、ほんの少しだけ制作に協力したので8月の初号試写に誘われた。

続きを読む "覆面で見た『花束みたいな恋をした』"

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

20年前はイタリア年だった:その(1)

私が新聞社時代に映画祭を企画していた時に、大きな節目が2つあった。1つは1995年の映画生誕百年で、もう1つは2001年の「日本におけるイタリア年」。それぞれ、フランスとイタリアの映画界と人脈を深めるきっかけとなった。

続きを読む "20年前はイタリア年だった:その(1)"

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

年末に見た『Mankマンク』

デヴィッド・フィンチャー監督の『Mankマンク』を劇場で見た。ネットフィリックスで公開中なのは知っていたがずっと前に解約していたし、『Roma ローマ』と同じく白黒の凝った映画のようなので映画館で見たいなと思っていた。ところがアニメ『フナン』を池袋に見に行ってその映画館でやっていることを知った。

続きを読む "年末に見た『Mankマンク』"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧