映画

2019年6月16日 (日)

『さよならくちびる』のうまさを楽しむ

塩田明彦監督の『さよならくちびる』を劇場で見た。友人たちの間で賛否両論だったから。私の一番の感想は、「うまいなあ」というもの。もともとこの監督は、作り込みというか仕立てが巧みだが、今回はドキュメンタリー風に撮っているからなおさらそれを感じた。

続きを読む "『さよならくちびる』のうまさを楽しむ"

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

『エリカ38』の浅田美代子に震撼する

私の世代にとって、浅田美代子はかつてとびきりのアイドル「美代ちゃん」だった。同時期の南沙織などとは違って今も一応芸能活動をしているが、公開中の日比遊一監督『エリカ38』を見て震撼した。実際に60歳を少し過ぎた彼女のリアルが伝わって来たから。

続きを読む "『エリカ38』の浅田美代子に震撼する"

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

『誰もがそれを知っている』の闇

アスガー・ファルハディ監督の新作『誰もがそれを知っている』を劇場で見た。普通どんな巨匠でも外国で撮るとどこかおかしくなるが、このイランの監督は、フランスで撮影した『ある過去の行方』(2013)が実にフランス的な傑作だった。さてスペインではどうなるか。

続きを読む "『誰もがそれを知っている』の闇"

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

『日本統治下の朝鮮シネマ群像』の衝撃:その(2)

この本から私は日本統治下の朝鮮映画について実に多くのことを学んだ。1930年代から1943年頃までの朝鮮映画を見て現代の我々が一番驚くのは、韓国語がふんだんに使われていることではないだろうか。この本は今井正監督『望楼の決死隊』(1943)から始まるが、まずその言語のミステリーを解く。

続きを読む "『日本統治下の朝鮮シネマ群像』の衝撃:その(2)"

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のド派手な戦い

日本を扱った外国映画は私が関心を持つテーマの一つなので、できるだけ見ることにしている。今回の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にはそれ以外にも見たいと思う要因があった。何と「モスラ」が出るというではないか。

続きを読む "『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のド派手な戦い"

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

映画館で公開されない外国映画には理由がある

私は昔から日本未公開の外国映画を見るのが好きだった。「日本では公開されてない傑作をパリで見たよ」と言うとカッコよかったから。私が学生の頃は日本公開の外国映画は年に200本前後だったから、確かに公開されない名作は多かった。ところが今では約600本を劇場公開しているし、衛星放送や配信を加えたらもっと増える。

続きを読む "映画館で公開されない外国映画には理由がある"

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

『僕はイエス様が嫌い』の計算された直球

奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』をようやく劇場で見た。去年のサン・セバスチャン映画祭で最優秀新人賞を22歳の最年少で受賞し、その後も海外の複数の映画祭で受賞し、東京フィルメックスでも話題になったので、期待していた。

続きを読む "『僕はイエス様が嫌い』の計算された直球"

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

『田園の守り人たち』:これこそ映画だ

7月6日公開のグザヴィエ・ボーヴォア監督『田園の守り人たち』を見た。第一次世界大戦中のフランスの田舎を舞台にした、一見地味な映画だ。ところが見ているとだんだんと、「これこそ映画だ」と言いたくなるほど、どこを切っても映画らしい魅力に満ちている。

続きを読む "『田園の守り人たち』:これこそ映画だ"

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

『日本統治下の朝鮮シネマ群像』の衝撃:その(1)

出たばかりの下川正晴著『日本統治下の朝鮮シネマ群像 《戦争と近代の同時代史》』を読んだ。下川さんは昨年末に私のゼミ学生が企画した映画祭「朝鮮半島と私たち」に観客として来られて、声をかけられた。すぐに意気投合して飲みに行ったが、戦前の朝鮮映画の知識に圧倒された記憶がある。

続きを読む "『日本統治下の朝鮮シネマ群像』の衝撃:その(1)"

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

『凪待ち』の懐かしさ

6月28日公開の白石和彌監督『凪待ち』を試写で見た。この監督は、映画によってかなりタッチを変える。『麻雀放浪記2020』でふざけまくった後に、今回は香取慎吾主演でどう出るか興味深々だった。結果は「またやってくれましたねえ」という感じ。

続きを読む "『凪待ち』の懐かしさ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧